自分のことは案外自分でもよくわからないものである。

生まれて二十年余りになった私はしばらく自分自身が何者であるかを考え続けていた。昔からそこそこおとなしくて、小説を書くのが好きで、遊戯王OCGをたしなんでおり、お姉さんのおっぱいが大好きな「姉追い人」である――

思いつくことは沢山あるが、根っこにあるものは小さい頃から変わっていない。

私は「知る」ことが好きだった。

あれはどうなっているんだろう、いったいどうしてこうなってしまったんだろう。物事の裏に隠れる理屈に触れ、その意味を知ることで私は静かな喜びを覚えていた。自分の中の「世界」が広がっていくのが楽しかったのかもしれない。

このブログは、日々の生活で私が知ったことを書き連ね、知ることの喜びを共有するための場所でもある。(広告収入やアフィリエイトでお小遣い稼ぎしよう、という気持ちがないわけではないが……)

私は扉を開けるだけ。

その先にある世界を見るのは、あなた自身なのです。