【遊戯王】デッキから星遺物を特殊召喚!新規罠《創星回帰》で場に出せる「星遺物」をおさらい!

日記

嗚呼、全てが終わる

およそ2年間、遊戯王のレギュラーパックの中で紡がれてきた「星遺物」の物語が終わろうとしています。徐々にその数を増やし続けてきた「星遺物」カードですが、遂に星遺物モンスターに直接アクセスして場に出すことのできる罠カードが登場しました。物語も最終盤。長いようで短かった道のりですが、もう、すぐそこにゴールが見えています。

これが一体どのような状況を示しているのかはまだ判断できません。公式からの情報提供や考察班の方々が道筋をつけるまで待つこととなります。いつしか、それを見た私が私なりの解釈で「星遺物」の物語を皆様へ読ませられることができたらと思っているので、その時はよろしくお願いしますね。

……なんだか書いてて雰囲気が暗くなってしまいましたが、強力なカードが来た、ということは喜ぶべきことです。この後の様々なコンボに使用されるであろうこのカードで出せる「星遺物」モンスターを確認してみましょう!
※《星遺物の守護竜メロダーク》はやや方向性が違うためここでは取り上げません。


1つ目:《星遺物-『星杯』》

《星遺物-『星杯』》

【 効果モンスター 】 
星 5 / 闇 / 機械族 / 攻0 / 守0 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。

②:通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 

一番最初に登場した「星遺物」がこちら。「星杯」カテゴリをサポートする効果を持ったこのモンスターは、立たせておくだけで相手のエクストラデッキから出てくるモンスターをけん制することができます。特に現在のルールでは最初にリンクモンスターを出さないと展開できないケースが多いので、このカードだけを棒立ちさせても十分効果は発揮できることでしょう。
《創星回帰》の効果でエンドフェイズに破壊されてしまいますが、③の効果があるため無駄はありません。①を発動できたにしろできないにしろ、次ターンに墓地から除外して好きな星遺物にアクセスできるのは魅力です。

この星遺物から全ての物語は始まりましたね。
そして、これに宿っていた妖精リースが……


2つ目:《星遺物-『星鎧』》

《星遺物-『星鎧』》

【 効果モンスター 】 
星 7 / 闇 / 機械族 / 攻2500 / 守2500 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
③:通常召喚したこのカードが存在する場合、EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。 

《創星回帰》は「効果を無効にして特殊召喚」ではないため、このカードの特殊召喚時の効果をしっかり使うことができます。②の効果で場に出た時にデッキからサーチができるため、《創星回帰》1枚からこれと好きな「星遺物」カードに繋げられる、つまり1枚が2枚になるってことですね。
2枚目の星遺物として生まれたこれは「クローラー」カテゴリのカードと相性のいい効果を持っています。反転召喚を能動的に行える【クローラー】ではこのカードの①の効果が発動しやすく、強力なサポートカードが所属する「星遺物」カードのサーチが行えますね。


3つ目:《星遺物-『星盾』》

《星遺物-『星盾』》

【 効果モンスター 】 
星 6 / 闇 / 機械族 / 攻0 / 守3000 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが発動した効果を受けない。
②:このカードと同じ縦列の自分の「星遺物」カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
③:このカードが墓地に存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに1000LPを払って発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。その後、相手は自身の手札・墓地からモンスター1体を選んで特殊召喚できる。 

自分の「星遺物」魔法・罠カードを守れるこのカードは超強力な耐性を自身で持っており、その守備力も相まってなかなか突破できるものではありません。そのため、《創星回帰》で出すことによって自分の「星遺物」魔法・罠カードをそのターンは確実に守ることができるでしょう。
墓地へ送られても相手ターンになれば条件付きで蘇生できます。そうなれば今度はなかなか突破されない「盾」として心強い味方になってくれるはずです。


4つ目:《星遺物-『星槍』》

《星遺物-『星槍』》

【 効果モンスター 】 
星 8 / 闇 / 機械族 / 攻3000 / 守0 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:リンクモンスターを含むモンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に、このカードを手札から捨てて発動できる。その戦闘を行う相手モンスターの攻撃力は3000ダウンする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は他の「星遺物」モンスターを攻撃できない。
③:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動する。お互いのフィールドに「星遺物トークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)を1体ずつ守備表示で特殊召喚する。 

リンクモンスターの戦闘を支援する強力な手札誘発であるこのカードは場に存在するだけで他の「星遺物」への攻撃をケアすることができます。攻撃力も3000あるためメインデッキに入るモンスターの多くでは突破は困難で、かといってエクストラデッキのモンスターに頼ろうとすると③の効果でトークンが出てきます。
②の効果でトークンは守られているため、自然と自分ターンに残りやすいそれは他の「星遺物」モンスターのアドバンス召喚やリンク召喚をサポートしてくれるでしょう。墓地効果こそないですが、それは他の「星遺物」カードでなんとでもなります。


5つ目:《星遺物-『星冠』》

《星遺物-『星冠』》

【 効果モンスター 】 
星 6 / 闇 / 機械族 / 攻2000 / 守2000 

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターが効果を発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。
③:通常召喚したこのカードがリリースされた場合に発動できる。デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を手札に加える

エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに対する強力なメタカードです。「星杯」は場に出てくるタイミングでしか狙えませんが、このカードは一度場に出たカードでもエクストラデッキから出ていれば効果を無効にして破壊することができますね。
「パラディオン」モンスターのサポートとして作られたこのカードは①の効果でリンクモンスターのリンク先へ手札から特殊召喚できます。「星遺物」カードをデッキに入れると必然的にリンク召喚を使うことになるため、手札に来ても非常に使いやすい一枚です。レベル6なのでアドバンス召喚の難易度も他のものと比べて低めでしょう。


6つ目:《星遺物-『星杖』》

《星遺物-『星杖』》

【 効果モンスター 】 
星 8 / 闇 / 機械族 / 攻500 / 守2500 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:通常召喚したこのカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。
③:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「オルフェゴール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。 

《創星回帰》でこのカードを出したときには何も起こりませんが、墓地へ送られることがほぼ確定しているため②の効果で手札から「星遺物」を展開することができます。展開も相手エンドフェイズに行われるため、そのまま自分のターンを迎えることが可能です。また、自分ターンに出してリンク素材とすることで続けてモンスターを場に出すことも狙えるでしょう。
③の「オルフェゴール」関連の効果で使われることが多いですが、「星遺物」がメインとなるデッキが生まれれば②の効果が使われることでしょう。レベル8であるため《トレード・イン》に対応しているのも長所です。


7つ目:《星遺物-『星柩』》

《星遺物-『星柩』》

【 効果モンスター 】 
星 7 / 闇 / 機械族 / 攻2500 / 守500 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのリンクモンスターが相手の効果で破壊され自分の墓地へ送られた場合、このカードを手札から墓地へ送り、そのリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースにできる。
③:通常召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在し、相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。デッキからモンスター1体を墓地へ送る。 

《創星回帰》でこのカードを出すメリットとして挙げられるのは②のダブルコスト効果でしょう。見てきた通り「星遺物」モンスターは最上級モンスターに所属するものが多く、アドバンス召喚の手助けとなるこのカードはそれらの「通常召喚された――」の効果の発動に一役買います。「星鎧」で相手のエクストラデッキのモンスターに備える効果が活きるでしょう。
また、①の手札誘発の効果も優秀です。リンク召喚と「星遺物」は相性がいいことをこのカードがさらに推し進めています。アドバンス召喚で場に出しても素の打点が高いことや③の効果が使えることなど、単体でのスペックも秀でていますね。


8つ目:《星遺物-『星鍵』》

存在しないはずの「8つ目」の星遺物

作中では7つあるとされていた星遺物ですが、8つ目が登場しました。これの意味することが明らかになるのはおそらくもう少し時間がかかるでしょう。

他の星遺物モンスターと違いレベル1であるこのモンスターはコスト無しで召喚できるほか、《ワン・フォー・ワン》にも対応しています。①の効果で手札の「星遺物」を墓地へ送って効果を発動できるだけでなく、アドバンス召喚のための召喚権が増えるためレベル5、6のモンスターであればこのカード1枚で場に出すことができます。

そして気になるのは②の効果。
相手のリンクモンスターと戦闘を行う際にそれをデッキに戻す効果でこれ自体は強力です。ただ、問題は、この効果が意味しているものが何であるかということ。物語で対峙していたリンクモンスターと言えば「デミウルギア」が思いつきますが……


長い旅が遺した”それ”は希望か、それとも――

およそ、2年。
CODE OF THE DUELISTから始まった物語は一人の少年を大人に変えるまでの時間も続けられ、それを見守る我々も小出しにされる展開を見ては喜怒哀楽の情を揺さぶられてきました。第9期以前のカードもストーリーに沿った活躍をイラストの中で見せてきましたが、第10期はかつての話と比べて非常に短い時間で超濃密な旅の記録を見せてくれたことでしょう。

《星遺物の行く先》に記されていたのはかつての守護竜と巫女の姿のみ。
世界を救った少年、どこまでも優しかった兄、二人はどこへ行ってしまったのでしょう。

これで終わりじゃないよな? なぁっ……

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ノーレア面白カード考察
【遊戯王】ノーレアの面白カード考察vol.5 《脆刃の剣》

目次 はじめに面白い使い方を考える《アマゾネスの剣士》で倍ダメージを叩き込め!直接攻撃モンスターで不 …

デッキ紹介
2
【遊戯王】其れは幽なる百鬼夜行「魔妖」デッキ紹介

「IGNITION ASSAULT」特集 《万物創世龍》についてはこちら【@イグニスター】はこちら【 …

デッキ紹介
3
【遊戯王】少女は一人空を舞う「閃刀姫」デッキ紹介

「IGNITION ASSAULT」特集 《万物創世龍》についてはこちら【@イグニスター】はこちら【 …