【遊戯王】魔法を操る少女らと共に「ウィッチクラフト」デッキ紹介

デッキ紹介
1

はじめに

「遊戯王でかわいいデッキって何かある?」という質問はおそらく今まで多くの人がしてきたことでしょう。俗に「イラストアドが高い」とされるカードは性能とはまた別の尺度で人気があり、その中でも十分以上に戦える能力を持つとなればそれは大人気テーマとしての一面を持つことになります。現在で言えば【閃刀姫】がそうであり、アニメテーマの【海晶乙女】も同じです。

さて、ここで紹介する【ウィッチクラフト】もまた、可憐な少女たちのイラストで数多くのデュエリストたちのハートを鷲掴みにしてきました。それだけでなく彼女たちのデッキは強く、魔法使い族のサポートも受けられることから純構築でも十分に戦うことができるスペックを持っています。

墓地から手札に戻ってくる効果を持つ専用魔法を操り、相手の動きを止めたり破壊の一撃を与えたりする彼女たち。今回はそんな「ウィッチクラフト」デッキの全容を明らかにするとともに、初心者にもわかりやすいよう回し方にも触れていきます。

同期の【呪眼】【無限起動】記事もどうぞ

【呪眼】の記事はこちら

【無限起動】の記事はこちら


デッキコンセプト紹介

今回紹介する【ウィッチクラフト】はコントロール寄りのデッキです。大量展開はあまり得意ではありませんがその分「個」としての能力に彼女たちは秀でており、適材適所できっちり扱っていくことが求められます。とは言っても実際に相手に干渉する効果を持つのは3枚のモンスターカードのみです。また、カテゴリに属する魔法カードには条件付きで墓地から手札に戻る効果があり、この効果でアドバンテージを維持しながら長期戦を仕掛けていきます。

《ウィッチクラフト・クリエイション》

【 通常魔法 】 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:デッキから「ウィッチクラフト」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。 

デッキに3積みされるくらい重要なカード《ウィッチクラフト・クリエイション》を例に見てみましょう。①はそれぞれ固有の効果で、②の回収効果が共通効果となっています。②の効果を念頭に「魔法カードを使うか、使わないか」の判断もしていきましょう。エクストラデッキを使わないのも特徴で、展開から制圧、攻撃をメインデッキ内のカードで全てを終わらせることができます。そのため《強欲で金満な壺》とは相性が抜群に良く、また、好きなモンスターを《簡易融合》で呼び出して自由自在な戦略をとることができる構築にするのも魅力です。

様々な構築がある【ウィッチクラフト】ですが、今回は【魔導】と組み合わせた【魔導ウィッチクラフト】の構築を紹介します。どちらも魔法カードを扱うカテゴリで噛み合わせが良く、デッキ内の魔法使い族の純度を挙げることにも貢献するでしょう。


「ウィッチクラフト」主要カード紹介

※《ウィッチクラフト・クリエイション》は先程取り上げたので省略します。

「ウィッチクラフト」モンスターカード

《ウィッチクラフトマスター・ヴェール》

《ウィッチクラフトマスター・ヴェール》

【 効果モンスター 】 
星 8 / 光 / 魔法使い族 / 攻1000 / 守2800 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の魔法使い族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。手札からカード名が異なる魔法カードを任意の数だけ相手に見せ、その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、見せた数×1000アップする。
②:手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。 

このデッキの看板とも言えるモンスターです。手札の魔法カードを見せた種類の数によって攻守が上昇し、また、手札の魔法カード1枚を墓地へ送って相手フィールドの全てのモンスター効果を無効にする効果を持ちます。守備力が高く、基本的にはこのカードを壁にしながら相手に長期戦を迫っていく形となります。


《ウィッチクラフト・ハイネ》

《ウィッチクラフト・ハイネ》

【 効果モンスター 】 
星 7 / 闇 / 魔法使い族 / 攻2400 / 守1000 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの他の魔法使い族モンスターは相手の効果の対象にならない。
②:手札から魔法カード1枚を捨て、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。 

先程の《ウィッチクラフトマスター・ヴェール》が防御を担当するならばこちらは攻撃を担当します。効果耐性を与える①の効果と、手札の魔法カード1枚を捨てて相手フィールドの表側表示のカードを破壊する②の効果があり、そのどちらもが強力に作用します。攻撃力もそこそこに高く、《ウィッチクラフトマスター・ヴェール》のサポートもあればフィニッシャーとしても十分に機能するでしょう。

先程の《ウィッチクラフトマスター・ヴェール》と《ウィッチクラフト・ハイネ》は共に最上級モンスターであり、自身で特殊召喚する効果は持っていません。これらの強力なモンスターを場に出すためには下級「ウィッチクラフト」モンスターの効果を使う必要があります。


《ウィッチクラフト・シュミッタ》

《ウィッチクラフト・シュミッタ》

【 効果モンスター 】 
星 4 / 炎 / 魔法使い族 / 攻1800 / 守600 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・シュミッタ」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・シュミッタ」以外の「ウィッチクラフト」カード1枚を墓地へ送る。 

「ウィッチクラフト」下級モンスターの大きな特徴は何と言っても①の共通効果です。フィールドのこのカードと手札の魔法カードを墓地へ送ることでデッキから好きな「ウィッチクラフト」モンスターへアクセスすることができます。また、②で何かしらの墓地効果を持っているため、墓地へ送った後も適宜彼女たちの効果を発動してゲームを優位に進めていきましょう。

《ウィッチクラフト・シュミッタ》は下級モンスターとしては攻撃力もそこそこ高く、ある程度であれば戦闘でも貢献することができます。しかし彼女が一番輝くのは②の効果で、デッキから好きな「ウィッチクラフト」カードを墓地へ送っておくことで別のカードによる展開を補助できるのです。特に「ウィッチクラフト」魔法カードは条件さえ満たせば手札に戻るため、間接的に手札を1枚増やすことも可能です。


《ウィッチクラフト・ピットレ》

《ウィッチクラフト・ピットレ》

【 効果モンスター 】 
星 3 / 水 / 魔法使い族 / 攻1000 / 守1500 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ピットレ」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札から「ウィッチクラフト」カード1枚を選んで墓地へ送る。手札に「ウィッチクラフト」カードが無い場合、手札を全て除外する。 

モンスターカードと魔法カードの手札比率が重要となる【ウィッチクラフト】を陰で支えるのがこの1枚です。②の効果で、手札に来てしまった上級「ウィッチクラフト」モンスターをドローに変換したり「ウィッチクラフト」魔法カードをいったん墓地へ送ってドローした後エンドフェイズに回収したりと小回りの利く動きを見せてくれますよ。


《ウィッチクラフト・ポトリー》

《ウィッチクラフト・ポトリー》

【 効果モンスター 】 
星 2 / 地 / 魔法使い族 / 攻0 / 守2000 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ポトリー」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
②:自分の手札が0枚の場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ウィッチクラフト」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。 

下級ウィッチクラフトモンスターの効果を何度も使えば手札は自然と減っていきますが、《ウィッチクラフト・ポトリー》の②の効果でそれをいくらかカバーすることができます。説明した通り「ウィッチクラフト」魔法・罠は自分のエンドフェイズに手札に戻ってくる効果がありますが、その条件が満たせなさそうなとき、または発動したカードを回収したい場合に《ウィッチクラフト・ポトリー》は役に立つことでしょう。


《ウィッチクラフト・エーデル》

《ウィッチクラフト・エーデル》

【 効果モンスター 】 
星 5 / 光 / 魔法使い族 / 攻2000 / 守2300 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。手札から「ウィッチクラフト・エーデル」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードをリリースし、自分の墓地の「ウィッチクラフト・エーデル」以外の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

上級モンスターである《ウィッチクラフト・エーデル》はやや特殊な効果を持っていますが、このカードをうまく活用することで場に「ウィッチクラフト」モンスターを展開することが可能となります。①の効果で手札から、そして②の効果で自身をリリースすることで墓地からの蘇生が可能で、墓地へ送られてしまった彼女たちを蘇生させる役割もあります。


《ウィッチクラフトゴーレム・アルル》

《ウィッチクラフトゴーレム・アルル》

【 効果モンスター 】 
星 8 / 光 / 魔法使い族 / 攻2800 / 守0 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在し、自分フィールドの魔法使い族モンスターが相手の効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象に選択された時、相手フィールドのカード1枚または自分の墓地の「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を対象として発動できる。このカードを特殊召喚し、そのカードを持ち主の手札に戻す。
②:相手スタンバイフェイズに発動する。このカードを持ち主の手札に戻す。 

後になって登場した彼女は手札誘発モンスターであり、ウィッチクラフトの中でも異彩を放つ存在です。相手が自分の魔法使い族モンスターに何かしようものなら手札から飛んできて1枚バウンスか墓地の「ウィッチクラフト」魔法を回収していきます。攻撃力も高く、維持できれば次の自分スタンバイフェイズには手札に戻るので何ターンも相手に圧力をかけられる1枚です。


《ウィッチクラフト・ジェニー》

《ウィッチクラフト・ジェニー》

【効果モンスター】
星1/風属性/魔法使い族/攻 300/守 500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ウィッチクラフト・ジェニー」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分の墓地からこのカードと「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を除外して発動できる。この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。

《ワン・フォー・ワン》に対応する大変ありがたい新規カードですね。デッキから「ウィッチクラフト」を特殊召喚できるためこれまでの上級・最上級で事故りやすい問題を解決する一手にもなるでしょう。墓地除外で墓地の魔法をコピーする効果は、墓地に2枚以上あるものや今ターン中に使って回収が見込めない物にしたらよいでしょう。


「ウィッチクラフト」魔法・罠カード

《ウィッチクラフト・サボタージュ》

《ウィッチクラフト・サボタージュ》

【 通常魔法 】 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の墓地の「ウィッチクラフト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。 

墓地の「ウィッチクラフト」モンスターを蘇生できるこのカードは展開の要にもなります。勿論発動したターンは回収はできませんが、次ターンの回収を待つか《ウィッチクラフト・ポトリー》の効果で手札に戻しましょう。


《ウィッチクラフト・コラボレーション》

《ウィッチクラフト・コラボレーション》

【 通常魔法 】 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃でき、そのモンスターが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。 

バトルフェイズ中の魔法・罠カードの発動を防ぐと共に、「ウィッチクラフト」モンスターに2回攻撃を付与します。優先度は低いですが打点は《ウィッチクラフトマスター・ヴェール》で強化でき、また、直接攻撃も行えるため採用できる余地は十分にあります。デッキがどれだけ攻撃的かにもよるでしょう。


《ウィッチクラフト・ドレーピング》

《ウィッチクラフト・ドレーピング》

【 速攻魔法 】 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターの数まで相手フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。 

あくまで「手札に戻す」であるため一時しのぎにしかなりませんが、《虚無空間》のように展開自体を阻害してくる永続魔法・罠の効果を一時的に除去できるこのカードは入れておいて損はありません。《ツインツイスター》等のバック破壊も優秀ですが、このデッキでは②の効果もあるためどちらを採用するかは一考の必要アリです。


《ウィッチクラフト・バイストリート》

《ウィッチクラフト・バイストリート》

【 永続魔法 】 

このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
②:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターが効果を発動するために手札を捨てる場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
③:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。 

「ウィッチクラフト」を一度だけ戦闘・効果による破壊から守ってくれる永続魔法カードです。②と③の効果は1ターンにどちらか一方しか使えない点には注意しましょう。しかし③の効果を活用できれば墓地へ送るだけでもエンドフェイズに魔法&罠ゾーンへ展開されるため、長期戦に持っていくのであれば《ウィッチクラフト・シュミッタ》等で早めに墓地へ送りたいところです。


《ウィッチクラフト・スクロール》

《ウィッチクラフト・スクロール》

【 永続魔法 】 

このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:1ターンに1度、自分の魔法使い族モンスターが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
②:自分フィールドの「ウィッチクラフト」モンスターが効果を発動するために手札を捨てる場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
③:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分エンドフェイズに発動できる。このカードを自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。 

【ウィッチクラフト】でアドバンテージを取れる貴重なカードです。とは言っても単体では機能せず、《ウィッチクラフト・ハイネ》等のアタッカーを組み合わせることで初めて作用します。攻撃的なデッキならば何枚も場に展開して一度に2回ドローも実現させたいところです。


《ウィッチクラフト・マスターピース》

《ウィッチクラフト・マスターピース》

【 通常罠 】 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、自分または相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードの同名カード1枚を自分のデッキから手札に加える。
②:自分の墓地から、このカードと魔法カードを任意の数だけ除外して発動できる。除外した魔法カードの数と同じレベルの「ウィッチクラフト」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 

罠カードと発動タイミングは遅いですが、フィールドで発動する①の効果も墓地で発動する②の効果もなかなかに強力です。特に②の効果で除外する魔法カードには制限がないため「魔導書」魔法カードを噛ませることでデッキから下級魔法使い族モンスターを展開しやすくなります。


ここまでのおさらい

さて、「ウィッチクラフト」カードを確認したところでこのデッキの基本的な動きを確認してみましょう。下級モンスターの墓地効果をうまく活用しながら上級モンスターを場に並べていくのが理想となります。デッキの性質を簡単にまとめると――

  • 墓地効果を持つ下級、フィールドに干渉する上級の混合編成
  • 魔法カードをコストにデッキ内の「ウィッチクラフト」にアクセス
  • 発動する魔法カード、コストにする魔法カードの判断が重要

まずはフィールドに下級「ウィッチクラフト」モンスターを出します。その後、出したモンスター効果で手札の魔法カードをコストにしてデッキから上級「ウィッチクラフト」モンスター、もしまだ手札の魔法カードに余裕があるならば下級「ウィッチクラフト」モンスターを呼び出して同じことを繰り返します。
このようにして下級モンスターを墓地へ送りながらフィールドに《ウィッチクラフトマスター・ヴェール》《ウィッチクラフト・ハイネ》と制圧効果を持つものを並べていきます。これらの動きをスムーズにするために「魔導書」の力も借りるわけです。


その他主要カード紹介

《魔導書士 バテル》

《魔導書士 バテル》

【 効果モンスター 】 
星 2 / 水 / 魔法使い族 / 攻500 / 守400 

このカードが召喚・リバースした時、デッキから「魔導書」と名のついた魔法カード1枚を手札に加える。 

言わずと知れた【魔導】のキーカードの一つです。召喚権こそ使いますがデッキから「魔導書」魔法カードをサーチすることができます。ここでの候補は、デッキ圧縮を行える《グリモの魔導書》、フィールドの魔法使い族モンスターか手札の「魔導書」カードを2ドローへ変換する《ルドラの魔導書》、墓地の「魔導書」の効果をコピーする《セフェルの魔導書》、墓地の魔法使い族を蘇生させる《ネクロの魔導書》になります。


《サウザンド・アイズ・サクリファイス》

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》

【 融合モンスター 】 
星 1 / 闇 / 魔法使い族 / 攻0 / 守0 

「サクリファイス」+「千眼の邪教神」
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドのモンスターは表示形式を変更できず、攻撃できない。
②:1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
③:このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。

魔法カード《簡易融合》から手軽に出せるモンスターとしてこのカードを採用します。相手フィールドのモンスターを装備できる効果がどれだけ強力かは言うまでもないでしょう。また、このカード自体が魔法使い族でもあるためリンクモンスター《魔導原典 クロウリー》のリンク素材にもなれます。


デッキレシピ

【メインデッキ】
1 ウィッチクラフトゴーレム・アルル
1 ウィッチクラフトマスター・ヴェール
2 ウィッチクラフト・ハイネ
1 ウィッチクラフト・エーデル
3 ウィッチクラフト・シュミッタ
2 ウィッチクラフト・ピットレ
1 ウィッチクラフト・ポトリー
2 ウィッチクラフト・ジェニー
2 灰流うらら
3 魔導書士 バテル
3 ウィッチクラフト・クリエイション
2 ウィッチクラフト・サボタージュ
1 ウィッチクラフト・バイストリート
1 ウィッチクラフト・スクロール
1 ウィッチクラフト・ドレーピング
2 ワン・フォー・ワン
3 強欲で金満な壺
2 簡易融合
3 グリモの魔導書
2 ルドラの魔導書
1 セフェルの魔導書
1 ネクロの魔導書

【エクストラデッキ】
3 サウザンド・アイズ・サクリファイス
3 ミレニアム・アイズ・サクリファイス
2 サクリファイス・アニマ
2 魔導原典 クロウリー
1 トロイメア・ケルベロス
1 トロイメア・フェニックス
3 リンクリボー

《簡易融合》と《強欲で金満な壺》の相性はあまりよくはありませんが、どちらかが腐った場合は「ウィッチクラフト」モンスターのコストにでもしてしまいましょう。


おわりに

他のデッキとは一風違った回り方をする【ウィッチクラフト】はなかなか盤上のモンスターの数が増えにくい部分もありますが、個としての力が強いためその辺りの問題はあまり気になりません。人によっては《カイザーコロシアム》を入れてロックをかけにいく場合もあります。

何度か言っているようにこのデッキは長期戦を得意としており、マストカウンターでしっかり仕留めていくことができれば徐々にこちらへ勝利を引き寄せることができます。他のデッキの知識があればそれだけ勝ちやすくもなるデッキで、デュエリストとしての知識・テクニックが試されるデッキとも言えるでしょう。

サポートの豊富な「魔法使い族」を主体としているため、他のカードの恩恵も受けやすいこのデッキは「ずっと長く使っていける」ものになると思われます。イラストも相まって非常に親しみやすい【ウィッチクラフト】、少々お値段は張りますが、使ってみてはいかがでしょうか?

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ノーレア面白カード考察
【遊戯王】ノーレアの面白カード考察vol.5 《脆刃の剣》

目次 はじめに面白い使い方を考える《アマゾネスの剣士》で倍ダメージを叩き込め!直接攻撃モンスターで不 …

デッキ紹介
2
【遊戯王】其れは幽なる百鬼夜行「魔妖」デッキ紹介

「IGNITION ASSAULT」特集 《万物創世龍》についてはこちら【@イグニスター】はこちら【 …

デッキ紹介
3
【遊戯王】少女は一人空を舞う「閃刀姫」デッキ紹介

「IGNITION ASSAULT」特集 《万物創世龍》についてはこちら【@イグニスター】はこちら【 …