【遊戯王】手札を捨てる有用カード紹介

遊戯王

はじめに

どうも、管理人の白金です。「EXTRA PACK 2019」で【未界域】が登場する日が近づきつつありますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回の【未界域】カードは「手札を捨てる」ことを主戦術としています。同じように「捨てる」ことが重要だったカードには【暗黒界】もありますが、暗黒界がコストで捨てることに対応していないことに対して未界域はコストで捨てることにも対応しました。

ということで、手札を捨てる効果を持つ効果を持つカードの中で有用なものをいくつかピックアップして紹介します。「効果で捨てる」カードと「コストで捨てる」カードの二つに分けて見ていきましょう。


「効果で捨てる」カード

《暗黒界の取引》

《暗黒界の取引》

【 通常魔法 】 

お互いのプレイヤーはデッキからカードを1枚ドローし、その後手札からカードを1枚捨てる。 

「手札を捨てる」効果を持つカードの中ではおそらく一、二を争う知名度のカードでしょう。本家【暗黒界】では最も頼りになるサポートカードでもあり、手札交換カードの一種としても用いられることがあります。


《手札抹殺》

《手札抹殺》

(制限カード) 【 通常魔法 】 

お互いの手札を全て捨てた後、それぞれ自分のデッキから捨てた枚数分だけカードを引く。 

《暗黒界の取引》と並ぶパワーカードとして名高いこのカードは2019年9月1日現在でも制限カードとなっています。何も考えずに使えばハンド・アドバンテージを1枚失いますが、手札交換カードとして優れているため、墓地を利用するタイプのデッキならば投入することはそれほど難しくありません。


《エクストラゲート》

《エクストラゲート》

【速攻魔法】

1から12までの任意のレベルを宣言して発動する。相手はエクストラデッキに存在する宣言されたレベルを持つモンスター1体をゲームから除外する。宣言したレベルを持つモンスターが相手のエクストラデッキに無かった場合、自分の手札を1枚選択して捨てる。

相手のエクストラデッキのカードを1枚除外するか、手札を1枚捨てるかのどちらかを選ぶことが出来ます。最近はエクシーズ召喚・リンク召喚の隆盛もあって前者を狙うことは難しくなりましたが《簡易融合》からの《サウザンド・アイズ・サクリファイス》や《サイバー・ドラゴン》からの《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》を潰せますよ。


《オールド・マインド》

《オールド・マインド》

【 通常魔法 】 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:相手の手札をランダムに1枚確認する。その後、以下の効果から1つを選んで適用する。
●確認したカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の自分の手札のカード1枚と確認した相手のカードを捨てる。その後、フィールドのこのカードを相手の手札に加え、自分はデッキから1枚ドローする。
●自分は1000LPを失う。 

当サイトでも取り上げたことがあったこのカードですが、しっかりこのカードでも自分のカードを捨てることが出来ます。相手の手札を巻き込める反面、どのようなカードを捨てられるかは相手の状況に左右されるため盤面・経験から推測する力が必要となります。


《光の召集》

《光の召集》

【 通常罠 】 

自分の手札を全て墓地に捨て、その枚数だけ自分の墓地から光属性モンスターを選択して手札に加える。 

光属性モンスターをデッキに多く投入している場合、やや遅いですがこのカードを投入することも考えられます。現状【暗黒界】【未界域】とこのカードは相性は良くないため「捨てる」部分はあまりフィーチャーされませんが、【サイバー・エンジェル】等の光属性モンスターを多く採用するデッキでは輝きます。


「コストで捨てる」カード

《相愛のアンブレカム》

《相愛のアンブレカム》

【 チューナーモンスター 】 
星 3 / 水 / 魔法使い族 / 攻500 / 守1500 

①:このカードが召喚に成功した時、手札を1枚捨て、自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 

手札コスト1枚で墓地のレベル4以下のモンスターを効果を無効にして蘇生させることが出来ます。効果を発動した後はEXデッキからシンクロモンスターしか特殊召喚できなくなりますが、発動前ならば制限はかからないため他のカードでリンク召喚等を済ませておきたいものです。「海皇」モンスターのトリガーとなれる点もポイントです。


《音響戦士ギータス》

《音響戦士ギータス》

【 ペンデュラムモンスター 】 
星 3 / 風 / 機械族 / 攻1500 / 守100 

【Pスケール:青7/赤7】
「音響戦士ギータス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「音響戦士ギータス」以外の「音響戦士」モンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。 

手札1枚をコストにデッキから「音響戦士」モンスターを呼び出すことが可能となります。この効果で呼び出せる「音響戦士」モンスターはレベルがばらけている他、チューナーモンスターも存在することからリンク・シンクロ・エクシーズ召喚をほぼ自由自在に行うことが出来ますね。


《竜魔導の守護者》

《竜魔導の守護者》

【 効果モンスター 】 
星 4 / 闇 / ドラゴン族 / 攻1800 / 守1300 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードの効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。
②:EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。 

融合召喚を強力サポートしてくれるドラゴン族モンスターカードです。手札1枚が「融合」「フュージョン」通常魔法に変わるため《ネオス・フュージョン》等の強力な融合魔法カードをすぐさま手札に加えることが出来ます。②の効果も利用できるなら更なるアドバンテージを稼ぐことが出来ます。


《ダーク・オカルティズム》

《ダーク・オカルティズム》

【 通常魔法 】 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。自分のデッキ・墓地から「ウィジャ盤」1枚または悪魔族・レベル8モンスター1体を選んで手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の手札・墓地の「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードの中から、任意の数だけ選び(同名カードは1枚まで)、好きな順番でデッキの一番下に戻す。その後、戻した数だけ自分はデッキからドローする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 

効果の都合上【暗黒界】との噛み合いがそこまで良くないのが残念ですが、それでも強力なサーチカードとして名を馳せています。《ウィジャ盤》を使うデッキの強化カードとして刷られたこのカードですが、レベル8悪魔族モンスターを扱うデッキではかなり重宝しますね。


《ライトニング・ボルテックス》

《ライトニング・ボルテックス》

【 通常魔法 】 

手札を1枚捨てる。相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。 

言わずもがな、名の知れた全体除去カードです。今でこそ《サンダー・ボルト》が禁止から戻ってきてはいますが、2019年9月1日現在あちらを複数枚積むことはまだできないので採用する意義はあります。特に【未界域】であればこちらは無理なく積むことが出来るでしょう。


おわりに

「手札を墓地へ送る」「手札をリリースする」「手札を破壊する」……様々な書き方で手札のカードは墓地へ行きますが、その中でも「手札を捨てる」はなかなか見ることのない書き方です。そうであるが故に【暗黒界】は昔からこの問題に何度も何度も直面してきました。

今回は「未界域」モンスターカードたちが「捨てられた」場合に効果を発動するということで、カードのコスト・効果にかかわらず「捨てる」ことができるものへ注目が集まっています。

彼らの日本上陸を前に「捨てる」カードについて少しだけまとめてみましたが、おそらくこの他にももっといいカードはあるでしょう。多くのデュエリストが普段なかなかデュエルでは意識しない「捨てる」効果に今後注意してみてはどうですか?

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

デッキ紹介
【遊戯王】機械仕掛けのパズル戦術「カラクリ」デッキ紹介

目次 はじめにデッキコンセプト紹介「カラクリ」カード紹介主要カード《カラクリ小町 弐弐四》《カラクリ …

遊戯王
【遊戯王】2019年10月施行の新リミットレギュレーション特集

目次 はじめに新制限紹介禁止カード制限カード準制限カード制限解除カード大きな影響を受けるデッキ弱体化 …

遊戯王
【遊戯王】各召喚法の代表的デッキ・サポートカード紹介:シンクロ編

目次 はじめに:シンクロ召喚について代表的デッキ【BF】【アンデシンクロ】【SR】【クリストロン】代 …