【遊戯王】ストラクチャーデッキR「ウォリアーズ・ストライク」注目カード紹介

遊戯王

はじめに

先日発売された「ストラクチャーデッキR ウォリアーズ・ストライク」は皆さん買ったでしょうか? 今回は炎属性・戦士族のモンスターとデュアルモンスターにスポットが当たり、かつてのストラクのテーマをしっかりと継承した強化が行われましたね。私的にデュアル強化はとても嬉しい次第です。

今回は再録カードが結構豪華であることも特徴でしょう。
《増殖するG》などその筆頭です。これ目当てに買った人も多いのでは?

今回の記事は、そんな特定のカード目当てに買っただろう人が「これ余ってるけどどう使うのかな……?」という疑問を解消するための記事です。もちろん私の主観が大いに入っているので、考えるきっかけとなって呉れれば幸いです。


これがすごいぞ新規カード

《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》

《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》

【効果モンスター】
星 9 / 炎 / 戦士族 / 攻3000 / 守2200

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のフィールド・墓地から装備魔法カード1枚を除外して発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
③:モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

最近の遊戯王だとエースモンスターとしてはまあまあのレベルですが、このカードの真の姿は「お手軽ランク9要員」になれる点です。既に広く知られている通り《聖騎士の追想 イゾルデ》とは相性が非常に良いためあちらで墓地の装備魔法を充実されると簡単に特殊召喚ができます。《ワルキューレ・シグルーン》と組み合わせるのも面白く、ランク9を立てることがより簡単になりました。
もちろん《星遺物の胎導》を合わせてもいいでしょう。


《焔聖騎士-ローラン》

【効果モンスター】
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「焔聖騎士-ローラン」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を手札に加える。

このカードの素晴らしい点は(2)の効果でエンドフェイズにデッキから装備魔法カードを手札に加えることができる、ということ。しかもレベル1なので《ワン・フォー・ワン》に対応していますし、相手ターンに(1)の効果で破壊されるモンスターへ装備することで次の自分のターンから即座に行動できるようになります。攻撃力の上昇値が大きいことからコンバットトリックとしての性能も優秀で、装備魔法を重視するコンボデッキなどには採用することができるでしょう。


《ラプテノスの超魔剣》

《ラプテノスの超魔剣》

【装備魔法】

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:装備モンスターの表示形式によって以下の効果を適用する。
●攻撃表示:装備モンスターは相手の効果の対象にならない。
●守備表示:装備モンスターは戦闘では破壊されない。
②:自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。装備モンスターの表示形式を変更し、モンスター1体を召喚する。

表示形式と装備魔法、というと【ディーフォーマー】と《パワーツール・ドラゴン》の関係を思い出します。このカードはバトルフェイズ開始時に表示形式を変えることができるため、召喚したいけど守備表示で出したい、というようなカードと相性が良いでしょう。装備魔法であり、維持できれば継続して召喚権を増やせるのは《二重召喚》にはない強みです。


《デュアル・アブレーション》

《デュアル・アブレーション》

【永続罠】

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、手札を1枚捨て、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキからデュアルモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。
●自分フィールドのデュアルモンスター1体をリリースし、手札・デッキから戦士族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。もう1度召喚された状態のデュアルモンスターをリリースした場合、さらにフィールドのカード1枚を選んで破壊できる。

何が強いかは言うまでもありません。デッキからデュアルモンスターを再度召喚状態で特殊召喚できるのが弱い訳がない。これによって出す筆頭モンスターには《ギガプラント》《真紅眼の黒炎竜》が挙げられ、【ジェムナイト】【HERO】といったデッキにも採用が見込めます。これはコストで手札が捨てられるのが良い所でもあります。


これもすごいぞ再録カード

簡単に箇条書きで列挙すると以下のカードとなります。興味があればリンクからwikiの詳しい解説をご覧ください。

  • 《増殖するG》
    冒頭で取り上げた最強手札誘発カードの一角。どのデッキにも積める汎用性を持っていて、もし絵が駄目でも売れば相当な財布の肥やしになります。
  • 《最強の盾》
    デッキビルドの時にお世話になることの多いカードです。守備力が高いけれど攻撃力は――といったモンスターをこれ1枚で一線級のレベルにまで押し上げることができます。筆者は《ハングリーバーガー》によく付けてました。
  • 《妖刀竹光》《黄金色の竹光》
    俗にいう「竹光ターボ」の中核を担う2枚です。竹光シリーズは他にも有用なカードが多く、相手からドローを奪う《魂を吸う竹光》やメインフェイズ1をスキップする《燃え竹光》などがあります。同デッキの《妖精伝姫-シンデレラ》との相性は最高!
  • 《闇の量産工場》
    バニラペンデュラムから【エクゾディア】まで幅広く活躍できるカードです。1枚が2枚になる強さは《強欲な壺》が証明しており、手札に加えたモンスターをコストにしてもいいでしょう。こちらもコンボパーツとして非常に優秀です。

おわりに

あるカードを目当てにストラクを買う、というのは昔から行われてきたことであり珍しい事ではありません。特に、強力なカードが採録されることでそれを安く手に入れることができる、というのはお金に悩まされやすいデュエリストにとっては大変ありがたいでしょう(カードショップの経営者は困るかもしれないけど……)。

そんなストラクですのでつい目当てのカードに視線が向いてしまいがちですが、勿論他のカードにも使い道はある訳です。もしかしたらそのカードを使うには特定のデッキに尖らせる必要はあるかもしれませんが、とにかく誰かが言っていた通り「使えないカードはない」わけですよ。

今回のストラクを買った人は多いと思います。
そんな人たちに、なるべく多くの世界を見てもらいたい。それが私の想いです。少々勝手な気もしますが、この記事で今まで見ていた遊戯王とはまた別の世界をちょこっとだけ覗くことができたのであればライター冥利に尽きます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ノーレア面白カード考察
【遊戯王】ノーレアの面白カード考察vol.5 《脆刃の剣》

目次 はじめに面白い使い方を考える《アマゾネスの剣士》で倍ダメージを叩き込め!直接攻撃モンスターで不 …

デッキ紹介
2
【遊戯王】其れは幽なる百鬼夜行「魔妖」デッキ紹介

「IGNITION ASSAULT」特集 《万物創世龍》についてはこちら【@イグニスター】はこちら【 …

デッキ紹介
3
【遊戯王】少女は一人空を舞う「閃刀姫」デッキ紹介

「IGNITION ASSAULT」特集 《万物創世龍》についてはこちら【@イグニスター】はこちら【 …