【遊戯王】戦場に咲きし英雄の物語「戦華」デッキ紹介

デッキ紹介
4

「IGNITION ASSAULT」特集

《万物創世龍》についてはこちら
【@イグニスター】はこちら
【カラクリ】はこちら
【先史遺産】はこちら
【ギミック・パペット】はこちら
【ダイソン・スフィア】はこちら
【紋章獣】はこちら
【戦華】はここ
【メガリス】はこちら
【ゴーストリック】はこちら
【閃刀姫】はこちら
【魔妖】はこちら

はじめに

2019年10月12日発売の「IGNITION ASSAULT」に収録される新規テーマ「戦華」はかの有名な三国志演義をモチーフとした獣戦士族テーマです。水滸伝をモチーフとしていた「炎星」とは同じ獣戦士族で、絵柄もなんだか似ているので親近感が湧いてきますね。

そんな「戦華」デッキですが、「炎舞」を含めた既存の獣戦士族サポートが手厚いせいかカテゴリ内のカードでそこまで強い方向性は今のところ見当たりません。しかしやりたいことは見えてくるため、それをこれから確認してみましょう。

単純に言うと「横に並べると強い」テーマです。
昔ながらのビートダウンが出来そうですね。楽しくなってきましたよ。


デッキコンセプト紹介

【戦華】は「獣戦士族モンスターによるビートダウンテーマ」です。その中でも「巻き返し」を得意としており、相手フィールドのモンスターが多ければ多い程力を発揮します。属性は水属性と風属性の2種類に分かれており、カードの中にはそれを参照するものもありますね。また、モンスター効果も属性ごとに特徴が二分しており、それは以下のようになっています。

水属性:自分の他の「戦華」モンスターが効果を発動した場合に発動できる効果
風属性:相手モンスターが自分モンスターより多い場合に発動できる効果

おそらくこのカテゴリは「炎星」と組み合わせることでより強力になるのを想定しているでしょうが、この記事ではとりあえず「戦華」単体でどんなことができるかを考えていきます。勿論【炎星戦華】は十分に選択肢に入り得るものであるため、気になる方はそちらも考えてみてください。


「戦華」カテゴリカード

《戦華の徳-劉玄》

《戦華の徳-劉玄》

【効果モンスター】
星4/風属性/獣戦士族/攻1400/守1200

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから「戦華の徳-劉玄」以外の「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

相手フィールドのモンスターが多い時、手札かフィールドのカード1枚を墓地へ送ってデッキから「戦華」を特殊召喚することができます。このデッキでは展開の要であるため優先的に場に出して維持しておきたいところです。ドロー効果も優秀で、このデッキに於いて一番の活躍を見せる「戦華」と言っても過言ではないでしょう。


《戦華の仲-孫謀》

《戦華の仲-孫謀》

【効果モンスター】
星4/水属性/獣戦士族/ATK1800/DEF1500

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「戦華」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
②:自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから「戦華の仲-孫謀」以外の「戦華」モンスター1体を手札に加える。
③:このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

次点で大きく活躍することになるのがこの「戦華」でしょう。手札・フィールドのカードを「戦華」モンスターに変換できるこのモンスターは事故防止に一役買ってくれるはずです。③のバウンス効果も十分に協力な効果で、場を一気に巻き返すことにも貢献します。


《戦華の美-周公》

《戦華の美-周公》

【効果モンスター】
レベル4/水属性/獣戦士族/ATK1600/DEF1600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送り、デッキから「戦華」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

自分フィールドの永続魔法・永続罠カードを「戦華」魔法・罠に変換する効果を持ちます。これによって《リビングデッドの呼び声》といったカードをより有効に使うことができますね。②の効果でモンスターを無効化するのは狙ってやることは難しいですが、他の「戦華」の展開を助けたりビートダウンを行う上では決して無駄な効果ではありません。


《戦華の妙-魯敬》

《戦華の妙-魯敬》

【効果モンスター】
レベル4/水属性/獣戦士族/ATK700/DEF2000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送り、そのカードとはカード名が異なる「戦華」魔法・罠カード1枚を自分の墓地から選んで手札に加える。
②:このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

《戦華の美-周公》と同じように「戦華」魔法・罠カードを手札に加える効果を持っていますが、こちらは②の効果が相手フィールドの魔法・罠カードの破壊に変わりました。向こうのフィールド魔法やセットカードを破壊する動きを組み込むことができるようになるため、場の状況に応じて《戦華の美-周公》と使い分けることができればいいですね。


《戦華の義-関雲》

《戦華の義-関雲》

【効果モンスター】
レベル7/風属性/獣戦士族/ATK2500/DEF1800

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの他の「戦華」モンスターは相手の効果の対象にならない。
③:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

運用としては《ダイナレスラー・パンクラトプス》とほぼ同じになりますが、こちらは自分フィールドの「戦華」に効果対象耐性も与えてくれます。相手フィールドのモンスターを破壊する効果は腐ることは少なく、劣勢からもこのカードを起点に一気に巻き返す、といった芸当も可能です。


《戦華の雄-張徳》

《戦華の雄-張徳》

【効果モンスター】
レベル7/風属性/獣戦士族/ATK2700/DEF900

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「戦華」モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードの攻撃力は自分ターンの間、相手フィールドのモンスターの数×300アップする。
③:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

①の特殊召喚効果は初動には貢献しませんが、このカードは最後の詰めの一手として作用します。攻撃力2700超えが手軽に特殊召喚できるのも魅力的ですが、それ以上に2回攻撃効果が強烈。他のカードで切り開いた道のど真ん中を堂々と走り抜けてやりましょう。


「戦華」魔法・罠カード

《戦華史略-三顧礼迎》

《戦華史略-三顧礼迎》

【永続魔法】

このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに、自分が「戦華」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとはカード名が異なる「戦華」モンスター1体をデッキから手札に加える。
②:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

「戦華」の召喚・特殊召喚成功時にデッキから「戦華」を手札に加えることができるほか、魔法・罠カードゾーンから墓地へ送られた場合に手札の「戦華」を特殊召喚することができます。②の効果は「戦華」モンスターのサーチ効果のコストとして非常に有用で、特に《戦華の仲-孫謀》でサーチした「戦華」をすぐさま特殊召喚できるのは大きいですね。


《戦華史略-孫劉同盟》

《戦華史略-孫劉同盟》

【永続魔法】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「戦華」モンスターの属性が2種類以上の場合、属性を1つ宣言して発動できる。宣言した属性を持つ相手フィールドの全てのモンスターはターン終了時まで効果を発動できない。
②:相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、または自分が「戦華」モンスターの効果を発動した場合に発動できる。自分フィールドの全ての「戦華」モンスターの攻撃力はターン終了時まで、自分フィールドの「戦華」モンスターの数×300アップする。

「戦華」版《真竜皇 V.F.D.》のような永続魔法ですが、ちょっと条件が複雑なので発動できれば儲けもの、という位の気持ちでいた方がよいでしょう。②の効果は自分フィールドの「戦華」の攻撃力を爆発的に引き上げることができるため、基本はこちらを運用することになります。状況によってはそのままワンキルに持ち込むことができるでしょうね。


《戦華史略-長坂の雄》

《戦華史略-長坂の雄》

【永続罠】

このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
②:相手のバトルフェイズ開始時に、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。このターン、相手は「戦華」モンスターを攻撃対象に選択できない。
③:相手モンスターの攻撃宣言時に、墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

強烈な3つの効果を持った永続罠カードで、発動タイミングはやはり永続魔法には劣りますがそれでも素晴らしい。②の効果は、相手ターンでは特に効果を持たない「戦華」たちにとって心強い手助けとなります。墓地へ送られても③の効果が活きますし、自分ターンが来たら①の戦闘補助が効いてくる。とてもいいカードです。


ここまでのおさらい

新しく出てきた「戦華」はどう映ったでしょうか。自分としては非常に懐かしい雰囲気を感じましたね。最近はエクストラデッキを駆使しながらデッキ・墓地・除外とグルグルするのが流行りだったのでここまで分かりやすく「横に並べる」テーマは逆に新鮮です。

ということで、これまでに見たカードから【戦華】の特徴をまとめると――

  • 【戦華】は「巻き返し」に重点を置いた獣戦士族のビートダウンテーマ!
  • フィールドのカードを墓地へ送りながら「戦華」をサーチ&特殊召喚!
  • 横並びにした「戦華」で相手をそのまま殴り倒せ!

冒頭でも述べた通り、このデッキは獣戦士族であるため「炎舞」魔法・罠と組み合わせることでまた強力な動きをすることができます。その事も考えながら、他に相性のいいカードを探してみましょう。


「戦華」カテゴリ外カード

「炎星」関連カード

《炎舞-「天璣」》

【永続魔法】

このカードの発動時に、デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。「炎舞-「天璣」」は1ターンに1枚しか発動できない。

獣戦士族テーマで永続魔法・永続罠を使う動きをするテーマと言えば【炎星】。特にそのサポートカードである「炎舞」魔法カードは獣戦士族モンスターをサポートするだけあって【戦華】でも採用することができます。


《強欲で金満な壺》

《強欲で金満な壺》

【通常魔法】

①:自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

あくまで現状での話ですが、エクストラデッキの特定のモンスターにあまり頼らないこのデッキは気軽にこのカードを搭載することができます。手札の枚数が多ければ強いのは他のデッキもそうですが、特にこのデッキは状況状況に応じて最適な「戦華」を場に出すのが望ましいため相性は抜群です。


《No.41 泥酔魔獣バグースカ》

《No.41 泥酔魔獣バグースカ》

【エクシーズモンスター】
星 4 / 地 / 悪魔族 / 攻2100 / 守2000

レベル4モンスター×2
このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎にこのカードのX素材を1つ取り除く。取り除けない場合、このカードを破壊する。
①:攻撃表示のこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
②:このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する限り、フィールドの表側表示モンスターは守備表示になり、フィールドの守備表示モンスターが発動した効果は無効化される。

「戦華」モンスターが相手ターンで動けない以上、その辺りを何らかのカードで対策しなければいけませんがその筆頭となるのがこのカード。ランク4モンスターの中でもえげつない制圧効果を持つこのカードは1枚だけでも相手の動きを鈍らせることができるでしょう。


デッキレシピ

メインデッキ
3 戦華の徳-劉玄
3 戦華の仲-孫謀
3 戦華の美-周公
3 戦華の妙-魯敬
3 戦華の義-関雲
3 戦華の雄-張徳
3 戦華史略-三顧礼迎
3 戦華史略-孫劉同盟
1 急き兎馬
3 炎舞-「天璣」
2 団結の力
3 強欲で金満な壺
1 死者蘇生
1 ハーピィの羽根帚
3 戦華史略-長坂之雄
2 リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ(他はお好きにどうぞ)
2 No.41 泥酔魔獣バグースカ
1 No.39 希望皇ホープ
1 SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング


まとめ

中国の「三国志演義」を元としたテーマはは実はこれまでなく、初めて三国志が遊戯王にやって来ると聞いて驚きました。カード単体だけならば《急き兎馬》が既にあったのですが、カテゴリとしては今までなかったんですね。

何度か述べている通り、この【戦華】は古典的な「横に並べてぶん殴る」を信条としたテーマであります。そのため「最近の遊戯王は難しくて……」という方でも扱いやすいデッキではないでしょうか。勿論強化する際に頭を捻らないといけない、というのはありますが、エクストラデッキを自由に使えることからその構築の可能性は結構広い印象です。

当然ながら、元ネタの方がが好きでデッキを組むと言う方も満足できるデザインになっていると思います。自分の好きなデッキで遊戯王をするのはとても楽しい事なので、いわゆる「三国志好き」の方もこれを機に目一杯エンジョイしていきましょう!


遊戯王ランキング

【予約前日発送】[BOX][TCG]遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)(30パック)(CG1644)(20191012)

価格:4,320円
(2019/9/23 16:37時点)
感想(0件)

【予約】遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX(30個入)【10月12日発売】

価格:4,595円
(2019/9/23 16:37時点)
感想(0件)

【代引不可】[予約:10/12]遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト) 30パック入BOX

価格:4,280円
(2019/9/23 16:38時点)
感想(0件)

4件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ノーレア面白カード考察
【遊戯王】ノーレアの面白カード考察vol.5 《脆刃の剣》

目次 はじめに面白い使い方を考える《アマゾネスの剣士》で倍ダメージを叩き込め!直接攻撃モンスターで不 …

デッキ紹介
2
【遊戯王】其れは幽なる百鬼夜行「魔妖」デッキ紹介

「IGNITION ASSAULT」特集 《万物創世龍》についてはこちら【@イグニスター】はこちら【 …

デッキ紹介
3
【遊戯王】少女は一人空を舞う「閃刀姫」デッキ紹介

「IGNITION ASSAULT」特集 《万物創世龍》についてはこちら【@イグニスター】はこちら【 …