脅威の科学がやってくる【サイコ・ショッカー】デッキ紹介

デッキ紹介

はじめに

「デュエリストパック -冥闇のデュエリスト編-」に収録される「サイコ・ショッカー」は《人造人間-サイコ・ショッカー》をデッキの中心に据えたカテゴリになりました。作中では最初、エスパー絽場が関連モンスターを使っており、アンティルールで城之内克也へ譲渡されてからも多くのシーンで活躍しましたね。

今回のデッキですが、パックの新規カードによって、これまでに作られた《人造人間-サイコ・リターナー》《人造人間-サイコ・ジャッカー》等のカードをひとまとめにするように整備されました。そのため前よりは段違いで組みやすくなっていますが、「罠カードをメタる」という方針もあってデッキ構築は一筋縄ではいきません。

現代遊戯王において罠カードを見ることも少なくなりました。戦う相手によってはデッキに罠カードがないことも往々にしてあります。しかし、新規カードによって他の勝ち筋も得られました。これを機に現代の【サイコ・ショッカー】を組んでみましょう。


デッキコンセプト紹介

【サイコ・ショッカー】は《人造人間-サイコ・ショッカー》を軸としたビートダウンデッキです。罠カードを無力化する効果が特徴的で、関連カードの多くが「闇属性・機械族」に属しています。また、サポートカードには《人造人間-サイコ・ショッカー》を参照するカードが多く、それらを駆使することでこちらに有利な盤面を作っていきます。

《人造人間-サイコ・ショッカー》

【 効果モンスター 】
星6 / 闇属性 / 機械族 / 攻2400 / 守1500

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにフィールドの罠カードの効果を発動できず、フィールドの罠カードの効果は無効化される。

《電脳エナジーショック》

【 速攻魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在する場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
この効果でフィールドの罠カードを破壊した場合、さらに以下の効果から1つを選択して適用できる。
●フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にする。
●自分フィールドの全ての「人造人間-サイコ・ショッカー」の攻撃力は800アップする。

その中でも汎用的な破壊効果を持つ《電脳エナジーショック》はデュエルの序盤から終盤にかけて幅広く活躍できるでしょう。しかし、関連カードの中で相手の行動を妨害できるものはそう多くありません。このため、《灰流うらら》《無限泡影》といったカードを採用し、これをデッキの守りとします。

また、発動条件でもある《人造人間-サイコ・ショッカー》は自身では特殊召喚する効果を持っていません。その名前のカードをフィールドに揃えるため、《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》や《人造人間-サイコ・リターナー》による特殊召喚効果、《人造人間-サイコ・ジャッカー》による名前代用効果を使いましょう。

展開面では《魔鏡導士サイコ・バウンダー》を中心としたレベル4モンスターを駆使していきます。カテゴリ内の展開力は乏しいため《ゴールド・ガジェット》《シルバー・ガジェット》を利用することで《ギアギガント X》のエクシーズ召喚を始めとしたエクストラデッキ戦略が取れるようになります。

《魔鏡導士サイコ・バウンダー》

【 効果モンスター 】
星4 / 光属性 / 機械族 / 攻1700 / 守1000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。「人造人間-サイコ・ショッカー」1体またはそのカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
②:このカード以外の自分のモンスターが相手モンスターに攻撃されたダメージ計算前に発動できる。攻撃モンスターとこのカードを破壊する。

《ゴールド・ガジェット》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 機械族 / 攻1700 / 守800

「ゴールド・ガジェット」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「ゴールド・ガジェット」以外のレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

《シルバー・ガジェット》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 機械族 / 攻1500 / 守1000

「シルバー・ガジェット」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「シルバー・ガジェット」以外のレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

2体の「ガジェット」モンスター、そしてリンクモンスターである《プラチナ・ガジェット》を採用することで展開力を上げた後、今回紹介するレシピではここへみんな大好き《スクラップ・リサイクラー》を採用しました。後々しっかり説明しますがこのデッキにおける墓地送り効果は意外と侮れず、《死者蘇生》《宇宙との交信》といったカードでの蘇生の下準備、《人造人間-サイコ・リターナー》による《人造人間-サイコ・ショッカー》の蘇生を行えますよ。

また、このデッキに於いて少し考えなければならないのが、先程名前だけを出した永続魔法カード《宇宙との交信》です。効果は二つありますがそのうちの①の効果は大変癖が強く、活用するためにデッキ構築の段階からある程度このカードを意識しておく必要があります。

《宇宙との交信》

【 永続魔法 】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:元々の持ち主が相手となる自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分の手札・墓地から機械族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
②:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在し、相手ドローフェイズに相手が通常のドローをした時、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。ドローしたカードをお互いに確認し、宣言した種類だった場合、このカードを墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。

この「元々の持ち主が相手となる自分フィールドのモンスター」を用意することはなかなかできません。そのため、相手モンスターのコントロールを奪う《精神操作》《洗脳-ブレイン・コントロール》を何枚か採用することになるでしょう。どちらも原作でエスパー絽場が使用していたことから、《宇宙との交信》はこの2枚と一緒に運用する風景を考えて作られたのかもしれません。

もう一つのコントロール奪取の方法として、カテゴリ内の《人造人間-サイコ・ショッカー》《サイコ・ギガサイバー》がレベル6であること、《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》がレベル6になれることを利用して《人造人間-サイコ・レイヤー《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》をエクシーズ召喚するやり方もあります。

後者は元々の持ち主が相手のモンスターをレベル6としてエクシーズ召喚できるため、先述の《精神操作》《洗脳-ブレイン・コントロール》とも好相性ですね。ただ、採用の際は「機械族以外のモンスターを特殊召喚できない」デメリットを持つカードをしっかり確認しておきたいところです。ものによってはテキストにしれっと書いてある場合もあります。

《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》

【 エクシーズモンスター 】
星 6 / 闇 / アンデット族 / 攻2600 / 守1000

レベル6モンスター×2体以上
元々の持ち主が相手となるモンスターをこのカードのX召喚の素材とする場合、そのレベルを6として扱う。
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。
②:1ターンに1度、フィールドのモンスターカードが、効果で相手の墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊され相手の墓地へ送られた場合、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。そのモンスター1体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

ここまでに紹介した動きをまとめると以下のようになります。

  • 先攻封殺型のデッキではないため、基本的には後攻を狙う。《灰流うらら》《無限泡影》といったカードを採用するが、その中でも罠カードである《無限泡影》は《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》の特殊召喚条件を満たすためにも優先的に使用して墓地へ送っておきたい
  • 《魔鏡導士サイコ・バウンダー》《スクラップ・リサイクラー》を《ゴールド・ガジェット》《シルバー・ガジェット》で展開し、必要なカードを揃えよう。《プラチナ・ガジェット》《スクラップ・ワイバーン》《ギアギガント X》等のエクストラデッキのモンスターも利用していく。
  • 準備ができたらフィールドに《人造人間-サイコ・ショッカー》を出していく。この時《人造人間-サイコ・リターナー》による墓地蘇生効果と《人造人間-サイコ・ジャッカー》による名前代用効果が使いやすいだろう。墓地に罠カードがあるならば《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》による特殊召喚を狙えるだろう。
  • 《電脳エナジーショック》で場のキーカードを破壊し、相手の場が疲弊したところへビートダウンを仕掛けていく。この時に《精神操作》《洗脳-ブレイン・コントロール》と《宇宙との交信》を組み合わせたコンボを使用しても良い。その際にはエクシーズモンスター《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》も活用できる。

この段階ではまだ紹介していないカードもありますが、基本的にはこのような動きでデッキを回していきます。ただ、これはあくまでこの記事におけるお試しデッキの回し方に特化したお話です。他に使いたいカードがある場合は自分で何度も試行錯誤しながら検証してみてくださいね。


カテゴリ関連カード紹介

《人造人間-サイコ・ショッカー》

《人造人間-サイコ・ショッカー》

【 効果モンスター 】
星6 / 闇属性 / 機械族 / 攻2400 / 守1500

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにフィールドの罠カードの効果を発動できず、フィールドの罠カードの効果は無効化される。

このデッキの主役です。魔法カード《宇宙の法則》はデッキ内のこのカードを指定していることから現代遊戯王でもその姿を見ることになります。このカード自体は上級モンスターで使いづらいため、後述の《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》《人造人間-サイコ・リターナー》の効果で特殊召喚していきたいものです。


《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》

《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》

【 効果モンスター 】
星7 / 闇属性 / 機械族 / 攻2400 / 守1500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手のフィールド・墓地に罠カードが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードのレベルはターン終了時まで6になる。
②:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。自分の手札・墓地から「人造人間-サイコ・ショッカー」1体を選んで特殊召喚する。その後、相手フィ-ルドの罠カードを全て破壊できる(そのカードがセットされている場合、めくって確認する)。

フィールド・墓地に罠カードがある場合に特殊召喚できることから手札誘発カードである《無限泡影》とは好相性です。特殊召喚後もレベル6になることから、永続魔法《宇宙との交信》と相性の良い《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》のエクシーズ召喚を狙えます。また、フィールドのこのカードをリリースして「人造人間-サイコ・ショッカー」を特殊召喚できるため、《人造人間-サイコ・ジャッカー》を蘇生することで展開に貢献することもできるでしょう。


《人造人間-サイコ・ジャッカー》

《人造人間-サイコ・ジャッカー》

【 効果モンスター 】
星4 / 闇属性 / 機械族 / 攻800 / 守2000

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「人造人間-サイコ・ショッカー」として扱う。
②:このカードをリリースして発動できる。デッキから「人造人間-サイコ・ジャッカー」以外の「人造人間」モンスター1体を手札に加える。その後、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカードがある場合、それらを全て確認する。その中の罠カードの数まで手札から「人造人間」モンスターを特殊召喚できる。

「人造人間-サイコ・ショッカー」の名前を持つことから《電脳エナジーショック》、《宇宙との交信》の②効果を発動する条件を満たせます。レベル4であることからリンクモンスター《プラチナ・ガジェット》で特殊召喚もできますね。相手のデッキがある程度わかっている場合は②効果で大量展開を狙えます。


《人造人間-サイコ・リターナー》

《人造人間-サイコ・リターナー》

【 効果モンスター 】
星3 / 闇属性 / 機械族 / 攻600 / 守1400

①:このカードは直接攻撃できる。
②:このカードが墓地へ送られた時、自分の墓地の「人造人間-サイコ・ショッカー」1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは自分エンドフェイズに破壊される。

デッキに入れておくと思わぬ活躍が見込めます。特に《スクラップ・リサイクラー》は墓地送りカードの中では使いやすいため、一緒に入れておけば《人造人間-サイコ・ショッカー》の蘇生に一役買います。特に《人造人間-サイコ・ジャッカー》はレベル4モンスターで使用用途が非常に広いため、このカードによる蘇生が序盤・中盤の盤面形成に大きく貢献してくれるはずです。


《人造人間-サイコ・ロード》

《人造人間-サイコ・ロード》

【 効果モンスター 】
星 8 / 闇 / 機械族 / 攻2600 / 守1600

このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に表側表示で存在する「人造人間−サイコ・ショッカー」1体を墓地に送った場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り罠カードは発動できず、全てのフィールド上罠カードの効果は無効になる。
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する罠カードを全て破壊する事ができる。この効果で破壊したカード1枚につき300ポイントダメージを相手ライフに与える。

盤面の《人造人間-サイコ・ショッカー》を墓地へ送って特殊召喚するモンスターですが、果たしてそのステータスがリリースに見合っているか、と言われると微妙なところ。ただ《人造人間-サイコ・リターナー》で蘇生した《人造人間-サイコ・ショッカー》をリリースして特殊召喚することで破壊を免れる、といった使い方もできるため、一概に不採用とも言えません。当然ながら《電脳エナジーショック》といったカードには対応していないため注意が必要です。


《魔鏡導士サイコ・バウンダー》

《魔鏡導士サイコ・バウンダー》

【 効果モンスター 】
星4 / 光属性 / 機械族 / 攻1700 / 守1000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。「人造人間-サイコ・ショッカー」1体またはそのカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
②:このカード以外の自分のモンスターが相手モンスターに攻撃されたダメージ計算前に発動できる。攻撃モンスターとこのカードを破壊する。

「サイコ・ショッカー」関連の魔法・罠カードをサーチしてくれることから優先して場に出したいモンスターとなります。特に《宇宙の法則》は相手依存ながらも優秀なリクルート&サーチ効果を持っているため早めに引き込んでおきたいところです。そのまま《ギアギガント X》のエクシーズ召喚等に使ってもいいですが、場に置いておけば②の効果で他のモンスターを戦闘破壊から守ることもできます。


《サイコ・ギガサイバー》

《サイコ・ギガサイバー》

【 効果モンスター 】
星6 / 闇属性 / 機械族 / 攻2200 / 守1200

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドの魔法・罠カードの数が自分フィールドの魔法・罠カードより多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

②:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在し、このカードが相手の効果モンスターに攻撃宣言した時、このカードをリリースして発動できる。その相手モンスターを永続罠カード扱いで相手の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

場に《人造人間-サイコ・ショッカー》が存在する時に攻撃対象のモンスターを永続罠扱いとして置くことができ、《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》の特殊召喚や《人造人間-サイコ・ロード》の破壊&バーン効果、《人造人間-サイコ・レイヤー》の破壊効果に繋げられます。①の効果があっても使いづらさは否めませんが、破壊に代わる除去手段の一つとして頭に入れておきたいカードです。


《宇宙の法則》

《宇宙の法則》

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手は自身の手札・デッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。セットした場合、自分はデッキから「人造人間-サイコ・ショッカー」1体を特殊召喚する。セットしなかった場合、自分は「人造人間-サイコ・ショッカー」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。

見ての通り相手依存になりますが、どちらの効果も展開をする上では非常に重要となります。相手が罠カードをセットしたならば《サイコ・ギガサイバー》の特殊召喚や《人造人間-サイコ・ジャッカー》の②効果の有効な発動を狙え、相手が罠カードをセットしなくとも汎用性の高い《魔鏡導士サイコ・バウンダー》をサーチすることで《電脳エナジーショック》等のカードをサーチできます。

ただ、この効果で相手伏せてくるカードは強力なものだと推測されるため、場の《人造人間-サイコ・ショッカー》を迂闊に動かさないようにする努力は必要です。用事が済んだならば《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》等で破壊してしまいましょう。


《電脳エナジーショック》

《電脳エナジーショック》

【 速攻魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在する場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果でフィールドの罠カードを破壊した場合、さらに以下の効果から1つを選択して適用できる。
●フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にする。
●自分フィールドの全ての「人造人間-サイコ・ショッカー」の攻撃力は800アップする。

相手のモンスターへ干渉しにくい【サイコ・ショッカー】にとって、このカードはモンスター破壊手段の一つとして大変重宝します。《人造人間-サイコ・ショッカー》が場にいることが条件ですが《人造人間-サイコ・ジャッカー》でも問題ありません。特に後者は《ゴールド・ガジェット》《シルバー・ガジェット》《プラチナ・ガジェット》に対応していて特殊召喚も容易なため、こちらの方が世話になることも多いでしょう。


《宇宙との交信》

《宇宙との交信》

【 永続魔法 】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:元々の持ち主が相手となる自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分の手札・墓地から機械族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
②:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在し、相手ドローフェイズに相手が通常のドローをした時、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。ドローしたカードをお互いに確認し、宣言した種類だった場合、このカードを墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。

「元々の持ち主が相手となるモンスター」を墓地へ送って機械族モンスターを特殊召喚するため、コントロール奪取用のカードも考えると盤面・手札アドバンテージはおよそ1枚分の利益になります。《スクラップ・リサイクラー》等のカードを特殊召喚できればさらにアドは大きくなります。《精神操作》《洗脳-ブレイン・コントロール》といったカードを使ってサポートしていきたいところ。

②の効果は少々使いづらい《強烈なはたき落とし》ですが、ある程度相手のデッキが判明している場合、向こうの逆転の一手を予測して叩き落とす使い方ができます。特に外れてもデメリットはないので情報アドバンテージ源としても活用したいですね。


《人造人間-サイコ・レイヤー》

《人造人間-サイコ・レイヤー》

【 エクシーズモンスター 】
ランク6 / 闇属性 / 機械族 / 攻2400 / 守1500

レベル6モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターは効果を発動できず、攻撃宣言できない。
②:フィールドに罠カードが存在する場合に発動できる。自分フィールドのモンスター1体をリリースし、フィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊する。

なんと《人造人間-サイコ・ショッカー》を意識したエクシーズモンスターが登場しました。ランク6であることから狙ってエクシーズ召喚するのは難しくなりますがその分①の効果範囲は広く、《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》では対処できなかったリンクモンスターのコントロールも奪えます。《サイコ・ギガサイバー》を用いて罠カードを用意しておけば②の効果による盤面破壊も狙えますね。


ここまでのまとめ

上級モンスターである《人造人間-サイコ・ショッカー》は「闇属性・機械族」という妙に扱いづらいステータスもあって場に出すことは容易ではありません。そのため、サポートカードを使って段階的に盤面を整えていく必要がありますね。ここまでのポイントをまとめると以下のようになります。

  • 【サイコ・ショッカー】は《人造人間-サイコ・ショッカー》を軸にしたビートダウンデッキ。関連カードには「闇属性・機械族」に属するモンスターが多い。
  • 防御力・展開力はあまりないため、前者は《無限泡影》や《灰流うらら》、後者は《ゴールド・ガジェット》《シルバー・ガジェット》等を駆使して補おう。
  • コントロール奪取したモンスターを《宇宙との交信》でアドに変換! 盤面の準備ができたら《電脳エナジーショック》で場をこじ開けて勝負を決めよう! 

このカテゴリの関連カードはどれも癖の強い効果が目立つため安定性はあまりありませんが、そういうカードは一度ハマると絶大なアドバンテージをもたらしてくれます。今回のデッキレシピには安定性を高めるカードが多く積まれているため、そういったカードで堅実に盤面を作りながら、特異な効果を発動できるタイミングを今か今かと窺いましょう。


カテゴリ外関連カード紹介

《無限泡影》

《無限泡影》

【 通常罠 】

自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》の特殊召喚条件を満たすために自分のデッキに罠カードを入れても良いですが、入れるとするなら筆頭は間違いなくこのカードになるでしょう。【サイコ・ショッカー】に不足しがちな相手ターンでの妨害を補える他、先攻1ターン目に手札から発動してすぐ墓地へ送られる即効性もありがたいですね。


《精神操作》

《精神操作》

【 通常魔法 】(準制限カード)

①:相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースできない。

リンク召喚の隆盛を築いた強力なコントロール奪取カードですが、実は原作でエスパー絽場の使用していたカードでもあります。永続魔法《宇宙との交信》の①効果を発動させる上ではほぼ必須となるカードでしょう。エクシーズモンスター《交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン》をエクシーズ召喚する際にも役立ちます。


《プラチナ・ガジェット》

《プラチナ・ガジェット》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 光 / 機械族 / 攻1600 /

機械族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
①:自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の機械族モンスター1体をこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキからレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

【LINK-2:左下/右下】

機械族をサポートするエクストラデッキのモンスターは沢山いますが、このカードは《魔鏡導士サイコ・バウンダー》《スクラップ・リサイクラー》といったモンスターを場に出す手段の一つとなることから特に優秀なサポートカードとなります。メインデッキに《ゴールド・ガジェット》《シルバー・ガジェット》を入れておくことでもしもの時も安心です。

また、リンクモンスター《スクラップ・ワイバーン》を用いることで、効果使用後の《プラチナ・ガジェット》を破壊して《ギアギガント X》のエクシーズ召喚を狙えます。詳しい工程は以下の通りで、これによる盤面・手札アドバンテージは《ギアギガント X》によるサーチを合わせると+1枚になります。

盤面:《プラチナ・ガジェット》《スクラップ・ワイバーン》
墓地:「スクラップ」モンスター含む機械族モンスター4体以上
山札:レベル4「スクラップ」モンスター、レベル4「ガジェット」モンスターそれぞれ1体以上
展開:
《スクラップ・ワイバーン》①の効果発動。墓地の「スクラップ」モンスターを特殊召喚し、特殊召喚した「スクラップ」モンスターを破壊。

《スクラップ・ワイバーン》②の効果発動。デッキからレベル4「スクラップ」モンスターを特殊召喚し、《プラチナ・ガジェット》を破壊。

墓地で《プラチナ・ガジェット》②の効果が発動。デッキからレベル4「ガジェット」モンスターを特殊召喚。ここで「ガジェット」モンスターの効果は使っても使わなくてもよい。

レベル4「スクラップ」モンスターとレベル4「ガジェット」モンスターで《ギアギガント X》をエクシーズ召喚。


お試しデッキレシピ

メインデッキ
1 人造人間-サイコ・ロード
2 脅威の人造人間-サイコ・ショッカー
3 人造人間-サイコ・ショッカー
2 人造人間-サイコ・ジャッカー
1 人造人間-サイコ・リターナー
1 サイコ・ギガサイバー
3 魔鏡導士サイコ・バウンダー
3 ゴールド・ガジェット
3 シルバー・ガジェット
3 スクラップ・リサイクラー
1 スクラップ・ビースト
1 幻獣機オライオン
3 灰流うらら
3 宇宙の法則
2 電脳エナジーショック
1 宇宙との交信
3 精神操作
1 死者蘇生
3 無限泡影

エクストラデッキ
2 プラチナ・ガジェット
2 スクラップ・ワイバーン
1 幻獣機アウローラドン
2 ギアギガント X
2 交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン
1 人造人間-サイコ・レイヤー


まとめ

原作では数あるエースモンスターのうちの一つだった《人造人間-サイコ・ショッカー》ですが、他の「人造人間」モンスターが続々と登場したことで専用デッキも随分と組みやすくなりました。特に、今回の《魔鏡導士サイコ・バウンダー》《宇宙の法則》の登場はこれまでの関連カードもまとめてサポートできる超優秀な新規カードです。

まだ「サイコ・ショッカー」としては不安定な部分もあるため、今後、もしかしたら展開面に関するテコ入れがやってくるかもしれません。それでもここまで動けば十分な気もします。使っているとなかなか癖になるこのデッキ、皆さんも是非作ってみてくださいね。


遊戯王ランキング

遊戯王カード 人造人間 – サイコ・ロード スーパーレア ライト・オブ・ディストラクション LODT YuGiOh! | 遊戯王 カード 闇属性 機械族 スーパー レア

価格:80円
(2020/5/23 07:49時点)
感想(0件)

遊戯王カード ゴールド・ガジェット KCウルトラレア ザ・ダーク・サイド・オブ・ディメンジョンズ ムービーパック MVP1 YuGiOh! | 遊戯王 カード ゴールド ガジェット 光属性 機械族 KC ウルトラ レア

価格:140円
(2020/5/23 07:49時点)
感想(0件)

遊戯王カード シルバー・ガジェット KCウルトラレア ザ・ダーク・サイド・オブ・ディメンジョンズ ムービーパック MVP1 YuGiOh! | 遊戯王 カード シルバー ガジェット 光属性 機械族 KC ウルトラ レア

価格:170円
(2020/5/23 07:50時点)
感想(0件)

遊戯王カード 交血鬼 – ヴァンパイア・シェリダン ウルトラレア デッキビルド パック ダーク・セイヴァーズ DBDS YuGiOh! | 遊戯王 カード アルダンピール-ヴァンパイア シェリダン ヴァンパイア 闇属性 アンデット族 ウルトラ レア

価格:110円
(2020/5/23 07:50時点)
感想(0件)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

デッキ構築&プレイングサポート
【全15種】雷族デッキのお役立ちサポートカード紹介

はじめに:超個性的な仲間たち 遊戯王の「炎族」「水族」「雷族」はまぁまぁ不遇な種族だと言われてきまし …

デッキ構築&プレイングサポート
【全20種】サイキック族デッキのお役立ちサポートカード紹介

はじめに:ちょっと不思議な能力者たち 遊戯王において、サイキック族は比較的新しい種族で……というのは …

デッキ紹介
烏合無象のパルチザン「鉄獣戦線」 デッキ紹介

はじめに 多くの種族を跨いだカテゴリは昔からよくありますが、その中でも「獣族」「獣戦士族」「鳥獣族」 …