アヤしい九竜の都へようこそ「電脳堺」デッキ紹介

デッキ紹介

はじめに

《電脳堺姫-娘々》

【 効果モンスター 】
星 3 / 風 / サイキック族 / 攻1500 / 守1500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在し、自分フィールドにレベル3モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱い、フィールドから離れた場合に除外される。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが除外された場合、このカード以外の除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。

まさに衝撃のカテゴリ化です。

Vジャンプの付録として登場した《電脳堺姫-娘々》は《緊急テレポート》に対応するレベル3・サイキック族モンスターとして優れた効果を持っています。その一方でザ・ヴァリュアブル・ブック22に収録された《電脳堺獣-鷲々》《電脳堺龍-龍々》も一癖あるエクシーズモンスターとして関連したものが考えられていました。

しかし、どこか控えめな効果でもあったためか、筆者的にはこれまで強烈な効果のカードを繰り出してきた遊戯王の歴史の陰に隠れていた節がありました。そうして時間が経ち、皆が忘れかけていた時にこんな情報が公開されます。

レベル3・6を軸としたシンクロ・エクシーズ召喚、そして個性豊かな永続魔法・罠を操る見たことのないテーマ。そこでは確かに彼女たちが生き生きと輝いていました。

サイキック族はこれまで【PSYフレーム】【Kozmo】【クロノダイバー】と個性たっぷりなテーマを輩出してきた種族ですが、今回の【電脳堺】も先輩に負けず劣らずの勢いです。電脳世界の都「九竜」を舞台とした彼女たちの姿に迫っていきましょう。


デッキコンセプト紹介

【電脳堺】はサイキック族・幻竜族を中心とした、シンクロ・エクシーズモンスターによるビートダウンデッキです。手札から特殊召喚する共通効果で場と墓地に必要なカードを揃え、強力な効果を持つシンクロ・エクシーズモンスターで相手の盤面を荒らしながら攻め込んでいきます。また、墓地のモンスターを除外するギミックがあるのも特徴です。

最終的にはシンクロ・エクシーズモンスターを盤面に並べ、その強力な効果で相手モンスターを除去して追撃をかけます。具体的には以下のようなモンスターが活躍します。

《電脳堺獣-鷲々》

【 シンクロモンスター 】
星 6 / 風 / サイキック族 / 攻2400 / 守1700

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:元々の種族・属性が同じでカード名が異なるモンスターが自分の墓地に2体以上存在する限り、フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
②:元々の種族・属性が同じでカード名が異なるモンスター2体を自分の墓地から除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。

《電脳堺凰-凰々》

【 エクシーズモンスター 】
ランク6 / 地属性 / 幻竜族 / 攻2600 / 守2000

レベル6モンスター×2体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除き、相手フィールドの表側表示カード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。
②:X召喚したこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。種族・属性が同じ「電脳堺」モンスター2体をデッキから特殊召喚する。

《電脳堺獣-鷲々》は自分の墓地の同じ種族・属性のカード2枚を除外することで相手フィールドのカード1枚を除外し、《電脳堺凰-凰々》はX素材を2つ取り除くことで相手の表側表示カード1枚とどちらかの墓地のカード1枚を除外します。2枚とも一方的に盤面アド差を稼げるカードであるため、相手の勢いが鈍った瞬間に畳みかけて勝負を決めてしまいたいところです。

エクストラデッキの「電脳堺」モンスターを呼び出すのに特殊な召喚条件はほとんどありませんが、その効果を最大限に発揮するにはやはりメインデッキの「電脳堺」モンスターを使うのが丸いでしょう。
メインデッキに入る「電脳堺」モンスターはレベル3・レベル6に統一されていて、いずれも手札から特殊召喚&テーマカードの墓地肥やしをする効果を持っています。これによって盤面・墓地アドバンテージを稼ぎながらリソースを蓄えていきます。

《電脳堺姫-娘々》以外の「電脳堺」モンスターの共通効果

①: このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。その後、(「電脳堺」カードに関する固有効果)。
このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

※各固有効果は「手札での発動時で対象に取ったカード」「デッキから墓地へ送ったカード」以外の種類のカードを対象とする効果となる。
例:フィールドの永続魔法《電脳堺門-青龍》を対象として効果を発動し、デッキから永続罠カードである《電脳堺門-朱雀》を墓地へ送って特殊召喚した後、「電脳堺」モンスターカードに関する固有効果が発動する。

その性質から召喚権はほとんど使わないため展開自体は容易に行えるでしょう。ある程度手札がそろっていれば問題なくシンクロ・エクシーズ召喚は狙えるほか、一部の「電脳堺」カードにサーチ・手札交換効果が内蔵されていることから事故率もかなり低く抑えることができます。

「電脳堺」カードのサーチで活躍するのが、モンスターカード《電脳堺媛-瑞々》の固有効果と永続魔法《電脳堺門-青龍》の墓地効果です。《電脳堺門-青龍》はモンスターのみのサーチですが、《電脳堺媛-瑞々》のサーチ先に制限はありません。

《電脳堺媛-瑞々》

【 チューナーモンスター 】
星3 / 風属性 / サイキック族 / 攻1600 / 守600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。その後、対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる「電脳堺媛-瑞々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから手札に加える事ができる。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

《電脳堺門-青龍》

【 永続魔法 】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から「電脳堺」カード1枚を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「電脳堺」モンスター1体を手札に加える。その後手札を1枚選んで墓地へ送る。

《電脳堺媛-瑞々》は対象に取るカードの事情もあって完全に自由なサーチはできませんが、《電脳堺門-青龍》の墓地効果は手札を1枚墓地へ送る代わりに「電脳堺」モンスターをなんでもサーチできます。墓地効果は安定して発動しやすいため《おろかな副葬》を入れれば初動で事故ることは殆どなくなるでしょう。
また、一応「守り」の役割を担うカードとしてエクシーズモンスターに《電脳堺龍-龍々》《電脳堺甲-甲々》といったカードはありますが、基本的に【電脳堺】は防御に振るよりは攻撃一辺倒で使った方がアドを取りやすいかと思います。

今回のお試しデッキレシピでは同じサイキック族である「PSYフレーム」モンスターと、除外されたサイキック族でシンクロ召喚を行う《サイコ・フィール・ゾーン》を入れています。他にも様々なサイキック族関連カードを絡ませられるため、ぜひ好きなようにいじってみてください。


「電脳堺」関連カード紹介

メインデッキのモンスターカード

《電脳堺媛-瑞々》

《電脳堺媛-瑞々》

【 チューナーモンスター 】
星3 / 風属性 / サイキック族 / 攻1600 / 守600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。その後、対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる「電脳堺媛-瑞々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから手札に加える事ができる。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

このデッキにおけるサーチ役として活躍しますが、一番の特徴は《水晶機巧-ハリファイバー》の特殊召喚に対応する唯一の「電脳堺」モンスターであることです。「電脳堺」モンスターは自分フィールドの「電脳堺」カードを起点に展開していきますが、その最初の1枚として十分に価値があるのがこのカード。《ジェット・シンクロン》1枚から《リンクリボー》《水晶機巧-ハリファイバー》を経由して容易に呼び出せます。


《電脳堺姫-娘々》

《電脳堺姫-娘々》

【 効果モンスター 】
星 3 / 風 / サイキック族 / 攻1500 / 守1500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在し、自分フィールドにレベル3モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱い、フィールドから離れた場合に除外される。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが除外された場合、このカード以外の除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。

【電脳堺】の潤滑油として細かい部分をよくしてくれるのがこのカード。墓地に落としておけば《電脳堺媛-瑞々》や《電脳堺豸-豸々》の特殊召喚に反応して蘇り、そのままシンクロ・エクシーズ召喚の素材になってくれます。除外された場合に発動する②の効果は「電脳堺門」永続魔法・罠カードの再利用に便利な他、《水晶機巧-ハリファイバー》の再利用にもつながります。


《電脳堺悟-老々》

《電脳堺悟-老々》

【 チューナーモンスター 】
星6 / 風属性 / サイキック族 / 攻0 / 守2400

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。その後、墓地へ送ったカードとはカード名が異なる「電脳堺」モンスター1体を自分の墓地から選んで効果を無効にして守備表示で特殊召喚できる。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

特殊召喚時、墓地の「電脳堺」モンスターを対象に取っていれば蘇生してそのままシンクロ・エクシーズ召喚を行えます。初動では活躍しにくいカードですが中盤はこのカード1枚がそのままシンクロ・エクシーズモンスターへつながるため、ランク6の《電脳堺凰-凰々》、レベル9の《電脳堺狐-仙々》といった強力なモンスターを瞬時に繰り出してビートダウンできるでしょう。


《電脳堺嫦–兎々》

《電脳堺嫦–兎々》

【 効果モンスター 】
星6 / 地属性 / 幻竜族 / 攻1200 / 守1800

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスターが、存在しない場合またはサイキック族・幻竜族モンスターのみの場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札からサイキック族・幻竜族モンスター1体を捨てて発動できる。このカードをチューナー扱いで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

リリース無しで召喚できるレベル6モンスターというだけで一定の価値はありますが、このカードで重要なのは②の効果。これによって墓地へ落として置けば召喚権を使わない展開も可能となります。【電脳堺】で墓地送りする機会はかなり多いので《電脳堺姫-娘々》と並んで墓地へ送っておきたい1枚です。


《電脳堺麟-麟々》

《電脳堺麟-麟々》

【 効果モンスター 】
星6 / 地属性 / 幻竜族 / 攻1800 / 守600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。その後、対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる「電脳堺麟-麟々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送る事ができる。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

レベル3チューナーである《電脳堺媛-瑞々》や《サイコウィールダー》を使ってレベル9シンクロモンスター《電脳堺狐-仙々》をシンクロ召喚する際に使える1枚ですが、このカードの神髄は驚異的な墓地肥やし能力にあるでしょう。墓地で効果を発動する「電脳堺門」カードを手っ取り早く墓地へ送って効果発動できるため今後の新規によって評価を上げることが予想されます。


《電脳堺豸-豸々》

《電脳堺豸-豸々》

【 効果モンスター 】
星3 / 地属性 / 幻竜族 / 攻1000 / 守1600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。このターンのエンドフェイズに、自分の墓地から「電脳堺豸-豸々」以外の「電脳堺」モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

手札から特殊召喚できる非チューナーの「電脳堺」モンスターかつ、エンドフェイズに墓地の「電脳堺」モンスターを回収して後続を確保できる優秀な能力を持っています。幻竜族である点を生かして《幽麗なる幻滝》等の幻竜族サポートを採用してみても良いでしょう。


魔法・罠カード

《電脳堺都-九竜》

《電脳堺都-九竜》

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「電脳堺門」カード1枚を自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。その後、自分フィールドの「電脳堺門」カードの数によって以下の効果をそれぞれ適用できる。
●2枚以上:このターン、自分フィールドの「電脳堺」モンスターの攻撃力は200アップする。
●3枚以上:自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
●4枚:EXデッキから「電脳堺」モンスターを4体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

デッキから「電脳堺門」カードを置くことができるため《電脳堺門-青龍》の無効効果や《電脳堺門-朱雀》の破壊効果を即座に発動できます。発動時の自分フィールドの「電脳堺門」カードに応じて様々な効果が発動しますが、これに関しては今後の新規カードによる評価待ちでしょう。このカード自体は《電脳堺媛-瑞々》によってサーチできます。


《電脳堺門-青龍》

《電脳堺門-青龍》

【 永続魔法 】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から「電脳堺」カード1枚を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「電脳堺」モンスター1体を手札に加える。その後手札を1枚選んで墓地へ送る。

墓地の「電脳堺」カードを除外することでフィールドのモンスター1体の効果を無効にできますが、このデッキにおいては除外されている「電脳堺」カードの枚数をコントロールする目的でも使われるでしょう。墓地効果は手札アドこそプラマイゼロですが《電脳堺姫-娘々》といったカードを墓地へ送るいい機会にもなります。


《電脳堺門-朱雀》

《電脳堺門-朱雀》

【 永続罠 】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。除外されている自分の「電脳堺」カード2枚を選んでデッキに戻す(同名カードは1枚まで)。その後、対象のカードを破壊する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「電脳堺」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルまたはランクをターン終了時まで3つ上げる、または下げる。

除外されているカードを2種類デッキに戻すことでフィールドの表側表示のカードを破壊できます。罠カードであるため相手ターンでの牽制にもなるでしょう。墓地効果のレベル・ランク操作効果は一見するとアドにならなさそうですが《電脳堺凰-凰々》《電脳堺獣-鷲々》といった強烈な除去効果を持ったエクストラデッキのモンスターにアクセスしやすくなります。


エクストラデッキのモンスターカード

シンクロモンスターはサイキック族、エクシーズモンスターは幻竜族となっています。

《電脳堺獣-鷲々》

《電脳堺獣-鷲々》

【 シンクロモンスター 】
星 6 / 風 / サイキック族 / 攻2400 / 守1700

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:元々の種族・属性が同じでカード名が異なるモンスターが自分の墓地に2体以上存在する限り、フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
②:元々の種族・属性が同じでカード名が異なるモンスター2体を自分の墓地から除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。

種族・属性の同じモンスター2種類が墓地へ存在する場合に破壊されなくなる効果はこのカードのアタッカーとしての優秀さを物語っています。戦闘面で突破できない相手には②の効果による除去が狙えるため、エクストラデッキの「電脳堺」モンスターの中ではかなり攻撃的な能力と言えるでしょう。


《電脳堺狐-仙々》

《電脳堺狐-仙々》

【 シンクロモンスター 】
星9 / 風属性 / サイキック族 / 攻2800 / 守2400

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドから墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
②:自分のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。除外されている自分または相手のモンスター1体を選んで墓地に戻す。
③:このカード以外の、元々の種族・属性が異なるモンスター2体を自分の墓地から除外して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

存在するだけでフィールドから墓地へ送られるカードを除外してしまう強力な効果を持っており、デッキによってはこれ1枚で相当しんどい戦いを強いられるでしょう。一方のこちらは除外されても《電脳堺門-朱雀》でデッキに戻せるほか、魔法カード《サイコ・フィール・ゾーン》でシンクロ召喚して追撃することも可能です。


《電脳堺龍-龍々》

《電脳堺龍-龍々》

【 エクシーズモンスター 】
星 3 / 地 / 幻竜族 / 攻2400 / 守2000

同じ種族・属性のレベル3モンスター×2体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:X素材を持ったこのカードは相手の効果の対象にならない。
②:相手フィールドに表側表示モンスターが存在し、相手が自身のフィールドに存在しない属性のモンスターの効果を発動した時、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

ハオ・シャン・ロンロン ハオ・シャン・ニー みんな大好き ロンロンへ……

②の効果でモンスター効果を無効にするには「手札・墓地等で発動するモンスターの効果」または「発動時にフィールドを離れるモンスターの効果」で、かつ、発動時に相手のフィールドにモンスターが存在する必要があります。
そのため確実な妨害札になるには物足りないですが、実際にこのカードの性能をフルで発揮したいならば水属性の《海亀壊獣ガメシエル》を使うとよいでしょう。水属性の手札誘発は《儚無みずき》《水精鱗-ネレイアビス》など限られています。


《電脳堺甲-甲々》

《電脳堺甲-甲々》

【 エクシーズモンスター 】
ランク3 / 地属性 / 幻竜族 / 攻1000 / 守2400

レベル3モンスター×2体以上
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターは相手ターン終了時まで戦闘では破壊されない。
②:1ターンに1度、元々の種族・属性が同じモンスターが自分の墓地に2体以上存在し、このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。その相手モンスターを除外する。

基本的には「守り」の効果ですが、相手モンスターの攻撃力が高くとも自爆特攻を行うと②の効果で除外できます。X素材を取り除くことで他の自分のモンスターを戦闘破壊から守れるため、レベル3モンスターが2体いるならばとりあえず並べておけば間違いないでしょう。


《電脳堺凰-凰々》

《電脳堺凰-凰々》

【 エクシーズモンスター 】
ランク6 / 地属性 / 幻竜族 / 攻2600 / 守2000

レベル6モンスター×2体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除き、相手フィールドの表側表示カード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。
②:X召喚したこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。種族・属性が同じ「電脳堺」モンスター2体をデッキから特殊召喚する。

おそらく現状の「電脳堺」モンスターで1、2を争う凶悪さを誇っています。素材を2つ取り除いて除外する効果は言うまでもありませんが忘れてはいけないのはこのカードが相手から破壊された時の効果。ついうっかり相手が破壊しようものならばデッキから「電脳堺」が飛び出してきます。なんなら役目を終えた後に《強制転移》等で押し付けてもいいでしょう。


ここまでのおさらい

レベル3・レベル6モンスターを活用する【電脳堺】は他のテーマと絡めにくい点もありますが、サイキック族である点を生かして様々なサポートカードを組み込めます。ここまでに紹介したことをまとめると以下のようになります。

  • 【電脳堺】はサイキック族・幻竜族モンスターによるビートダウンデッキ。
  • 手札から特殊召喚できる「電脳堺」モンスターで展開し、強力な効果を持つシンクロ・エクシーズモンスターを呼び出そう。
  • 必要なカードは《電脳堺媛-瑞々》《電脳堺門-青龍》で揃え、相手の盤面は《電脳堺獣-鷲々》《電脳堺凰-凰々》でこじ開けろ!

前述の通り、お試しデッキでは「PSYフレーム」を含めた他のサイキック族モンスターカードやサポートカードを投入しています。もちろん今後の新規次第でまたデッキの中身は変化するでしょう。このカテゴリがどう変わっていくかが楽しみですね。


カテゴリ外汎用カード

「PSYフレーム」関連カード

《PSYフレームギア・γ》

【 特殊召喚・チューナーモンスター 】
星2 / 光属性 / サイキック族 / 攻1000 / 守0

このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドにモンスターが存在せず、相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、その発動を無効にし破壊する。この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

基本的に「PSYフレーム」カードは閉じた効果をしていますがリンクモンスターの《PSYフレームロード・Λ》が登場したことで他のデッキと絡めやすくなりました。「電脳堺」モンスターは手札で効果を発動するため《灰流うらら》等に狙われやすく、その対処ができるほか、後述の《サイコ・フィール・ゾーン》によって除外された「PSYフレーム」でシンクロ召喚も狙えます。


《サイコウィールダー》

《サイコウィールダー》

【 チューナーモンスター 】
星3 / 地属性 / サイキック族 / 攻600 / 守0

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「サイコウィールダー」以外のレベル3モンスターが存在する場合、このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合、このカードをS素材としたSモンスターより低い攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

手札から容易に特殊召喚できるサイキック族モンスターとして《サイコトラッカー》とペアになっているこのカードですが、その容易な特殊召喚効果は【電脳堺】でも健在です。《電脳堺獣-鷲々》《電脳堺狐-仙々》の攻撃力は高く、シンクロ召喚時の破壊効果も十分に狙える範囲内です。


《サイコ・フィール・ゾーン》

《サイコ・フィール・ゾーン》

【 通常魔法 】

ゲームから除外されている自分のサイキック族のチューナー1体とチューナー以外のサイキック族モンスター1体を墓地に戻し、そのレベルの合計と同じレベルのサイキック族のシンクロモンスター1体をエクストラデッキから表側守備表示で特殊召喚する。

【電脳堺】は墓地のカードを除外することが多いためこのカードで更なるシンクロ召喚を連打できます。特に《電脳堺獣-鷲々》の墓地効果で一気に2枚除外できることから急襲に向いているカードです。また、このカードを使うことでサイキック族シンクロモンスターの召喚条件をある程度踏み倒すことができるため、召喚条件の厳しい《メンタルオーバー・デーモン》の特殊召喚も狙えます。


お試しデッキレシピ

メインデッキ
3 電脳堺媛-瑞々
2 電脳堺姫-娘々
1 電脳堺嫦–兎々
2 電脳堺悟-老々
1 電脳堺麟-麟々
2 電脳堺豸-豸々
1 PSYフレーム・ドライバー
1 PSYフレームギア・δ
3 PSYフレームギア・γ
3 サイコウィールダー
1 ジェット・シンクロン
2 幽鬼うさぎ
3 電脳堺都-九竜
3 電脳堺門-青龍
3 サイコ・フィール・ゾーン
2 緊急テレポート
2 ワン・フォー・ワン
1 禁じられた一滴
1 ハーピィの羽根箒
3 電脳堺門-朱雀

エクストラデッキ
2 電脳堺獣-鷲々
1 シューティング・ライザー・ドラゴン
1 PSYフレームロード・Ω
1 PSYフレームロード・Ζ
1 電脳堺狐-仙々
1 電脳堺龍-龍々
1 電脳堺甲-甲々
2 電脳堺凰-凰々
1 フォトン・ストリーク・バウンサー
1 リンクリボー
1 水晶機巧-ハリファイバー
1 クロシープ
1 PSYフレームロード・Λ


おわりに

どこか不思議な中華の世界観である【電脳堺】は使ってみると拡張性の高いテーマだと実感します。エクストラデッキのモンスターも召喚制限がほとんどないため他のカテゴリと混ぜ物することで様々な盤面を作ることができるでしょう。

今のところ「電脳堺門」カードは2種類ですが、おそらくモチーフ的にはもう2枚出てくるかと思われます。それによってテーマ単体でできることもかなり増えてくるため今後の強化がとても楽しみですね。そういうわけで今回はこの辺にします。また公式からの情報があった時にお会いしましょう!


遊戯王ランキング

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遊戯王 第7期 4弾 EXVC-JP056 サイコ・フィール・ゾーン R
価格:140円(税込、送料別) (2020/7/12時点)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

デッキ紹介
烏合無象のパルチザン「鉄獣戦線」 デッキ紹介

はじめに 多くの種族を跨いだカテゴリは昔からよくありますが、その中でも「獣族」「獣戦士族」「鳥獣族」 …

デッキ紹介
史上最強のチームワーク!「霊使い」デッキ紹介

はじめに 遊戯王内で「人気テーマ」と呼ばれるテーマは数ありますが、昔から根強い人気を誇り続けたのが今 …

遊戯王
小さきモノたちの夢「機塊」デッキ紹介

はじめに 「COLLECTION PACK 2020」で収録される「機塊」は「遊戯王VRAINS」に …