【全15種】雷族デッキのお役立ちサポートカード紹介

デッキ構築&プレイングサポート

はじめに:超個性的な仲間たち

遊戯王の「炎族」「水族」「雷族」はまぁまぁ不遇な種族だと言われてきましたが、その中で強化を貰って大化けしたのが今回紹介する雷族です。昔から【電池メン】【エレキ】【サンダー一家】等のデッキが存在していましたが、明らかに風向きが変わったのは「サンダー・ドラゴン」関連の新規カードが登場した頃でしょう。当時としては貴重な汎用リンクモンスターである《常夏のカミナリサマー》、優秀な地力を持つ《太陽電池メン》、相手のサーチを完封する《超雷龍-サンダー・ドラゴン》といったカードが続々と登場しています。

雷族は最近強化された種族ですが昔からのコアなファンも多く、何故か周りを見ると多いかつての【エレキ】使いや「サンダー流」の申し子など、種族やその周りが遊戯王きっての個性集団であるとも言えるでしょう。かくいう私も電池メンの《漏電》に魅了された一人です。あの全体除去がたまんねぇなぁ!

今のところ数こそ少ないですが、今後更に種族デッキとしての幅が広がっていくことを願ってサポートカードをまとめていきましょう。記事を読んでくださった方のデッキ構築のご一助となれれば幸いです。


サポートカード紹介

レベル1モンスターカード

《雷源龍-サンダー・ドラゴン》

《雷源龍-サンダー・ドラゴン》

【 効果モンスター 】
星 1 / 光 / 雷族 / 攻0 / 守2000

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードを手札から捨て、自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は500アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「雷源龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。

下級雷族モンスターは何かにつけて攻撃力が低いため、フリーチェーンで永続的に攻撃力を500アップできるこのカードの存在は相手に対してそこそこのプレッシャーとなります。また、手札で容易に効果発動できるという点も融合モンスター《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を融合召喚するトリガーとして優秀です。【サンダー・ドラゴン】のイメージが強いカードですが、小さいながらも種族全体を強化できる優れものですね。


レベル2モンスターカード

《雷帝家臣ミスラ》

《雷帝家臣ミスラ》

【 効果モンスター 】
星 2 / 光 / 雷族 / 攻800 / 守1000

「雷帝家臣ミスラ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、相手フィールドに「家臣トークン」(雷族・光・星1・攻800/守1000)1体を守備表示で特殊召喚する。このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:このカードがアドバンス召喚のためにリリースされた場合に発動できる。このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。

エクストラデッキが使えなくなるデメリットこそありますが、雷族デッキはエクストラデッキをあまり重視しないものもあるため、そういったデッキではアドバンス召喚のリリース源として優秀な役割を果たします。《充電池メン》のアドバンス召喚をサポートしたり、《天雷震龍-サンダー・ドラゴン》の特殊召喚条件をこれ1枚で満たしたりとそこそこ活躍できる1枚です。


レベル4モンスターカード

《サンダー・シーホース》

《サンダー・シーホース》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 雷族 / 攻1600 / 守1200

「サンダー・シーホース」の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから攻撃力1600以下の雷族・光属性・レベル4の同名モンスター2体を手札に加える。

「いやそんなニッチなステータス持ってるモンスター多くないでしょ」と思うかもしれませんが、実際のところこのステータスを持つモンスターは有用なものが多いんです(公式データベース参照)。特殊召喚できなくなるデメリットこそ痛いですが、召喚を多用して場に並べていく【サンダー一家】、メインのモンスターカードをサーチできる【エレキ】はそれ以上のメリットがあることから採用している様子が見られます。


《太陽電池メン》

《太陽電池メン》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 雷族 / 攻1500 / 守1500

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから雷族モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、雷族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。自分フィールドに「電池メントークン」(雷族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
③:自分のフィールド・墓地の「電池メン」効果モンスター1体を対象として発動できる。エンドフェイズまで、このカードはその同名カードとして扱う。

①の墓地送り効果は《死者蘇生》や《戦線復帰》、罠カード《百雷のサンダー・ドラゴン》による蘇生で使える他に《バッテリーリサイクル》《急速充電器》による手札回収をサポートします。また、②の効果によって召喚・特殊召喚をトリガーに雷族モンスターをもう1体水増しできるため《常夏のカミナリサマー》のリンク召喚も容易になるでしょう。本家本元の【電池メン】では三つの効果がデッキとガッチリ噛み合います。


《ネメシス・コリドー》

《ネメシス・コリドー》

【 効果モンスター 】
星 4 / 風 / 雷族 / 攻1900 / 守600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。
②:「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

除外ゾーンのカードを再利用できる「ネメシス」モンスターの中でも雷族であるこのモンスターは《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の融合召喚を1枚で行えてしまいます。強いことには間違いありませんが除外されているカードが無ければ十分な活躍は見込めないため、デッキに採用するカードはしっかり吟味しましょう。


レベル8モンスターカード

《天雷震龍-サンダー・ドラゴン》

《天雷震龍-サンダー・ドラゴン》

【 効果モンスター 】
星 9 / 光 / 雷族 / 攻3000 / 守2000

このカードは通常召喚できない。雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、レベル8以下の雷族モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:相手ターンに1度、自分の墓地から雷族モンスターを含むカード2枚を除外し、自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは相手の効果の対象にならない。
②:自分エンドフェイズに発動できる。デッキから「サンダー・ドラゴン」カード1枚を墓地へ送る。

特殊召喚モンスターですが、何かと手札で効果発動する効果を持つモンスターの多い【雷族】ではそこまで場に出すことは難しくありません。そのまま攻撃力3000のアタッカーとして活躍できますし、①の効果による効果対象耐性も状況によっては役に立つでしょう。②の効果による墓地送り効果は《太陽電池メン》のところで述べた通り様々な活用の道がありますが、次のターンに雷族サーチへ変換できる《雷龍融合》を墓地へ送るのも手です。


エクストラデッキのモンスターカード

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》

(制限カード) 【 融合モンスター 】
星 8 / 闇 / 雷族 / 攻2600 / 守2400

「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。
②:このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。

雷族デッキの地位向上は間違いなくこのカードによって為されました。攻撃力自体は他の「サンダー・ドラゴン」最上級モンスターより劣りますが①の効果によるサーチ封じが非常に強い。②の破壊代用効果もあるため場持ちも大変よく、序盤から終盤まで長い間ずっと活躍してくれるでしょう。勿論、相手もこのカードのことを念頭に置いてデュエルしてきます……


《常夏のカミナリサマー》

《常夏のカミナリサマー》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 光 / 雷族 / 攻1600 /

雷族モンスター2体
①:相手ターンに1度、手札を1枚捨て、リンクモンスター以外の自分の墓地の雷族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

【LINK-2:左下/右下】

サーチを封じてチェーンを組まない特殊召喚に圧をかけられる《ライオウ》や相手ターンに墓地から蘇生したい《大狼雷鳴》など、自分のターンで使うには癖の強い雷族モンスターを使うにあたっていい活躍をしてくれるリンクモンスターです。また、攻撃力が1600であることからこのモンスターが破壊されて墓地へ送られた場合に《サンダー・ハンド》を発動することができることから、雷族とはその辺りでもシナジーがあります。


魔法カード

《雷龍融合》

《雷龍融合》

【 通常魔法 】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、雷族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

【雷族】で融合召喚しようとすると融合召喚先はどうしても《超雷龍-サンダー・ドラゴン》辺りに限定されますが、それでも②の効果を目当てに採用していいぐらいの重要カードと言えるでしょう。墓地へ送られたターンこそ②の効果は発動できませんが雷族モンスター1体をなんでもサーチできるのは種族デッキにとってかなりありがたいことです。肝心の墓地送り手段がそこそこ乏しいですが、先述の《天雷震竜-サンダー・ドラゴン》はエンドフェイズにこのカードの墓地送りが実現できます。


《バッテリーリサイクル》

《バッテリーリサイクル》

【 通常魔法 】

自分の墓地に存在する攻撃力1500以下の雷族モンスター2体を手札に加える。

《雷源龍-サンダー・ドラゴン》の登場でこのカードの価値も随分と上がりました。「効果テキストが単純であればあるほど強い」の法則の通りですね。


《フォトン・サンクチュアリ》

《フォトン・サンクチュアリ》

【 通常魔法 】

このカードを発動するターン、自分は光属性モンスターしか召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
①:自分フィールドに「フォトントークン」(雷族・光・星4・攻2000/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。このトークンは攻撃できず、S素材にもできない。

光属性モンスター以外を場に出せなくなりますが【雷族】では些細な問題……とは言っても《超雷龍-サンダー・ドラゴン》が場に出せなくなることは注意が必要です。しかし《ハイパースター》《常夏のカミナリサマー》の登場もあってこのカードの需要は高まっており、アドバンス召喚のリリースを揃えられる点も相まって魅力的となっています。


《魔霧雨》

《魔霧雨》

【 通常魔法 】

このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:自分のモンスターゾーンの、「デーモンの召喚」または雷族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ、相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

自分の雷族モンスターの攻撃力と相手フィールドのモンスターの守備力を参照して破壊します。決まれば強いですが、最近はリンクモンスターの隆盛もあるので2体破壊して1アド取れれば儲けものでしょう。事前に《増殖するG》等で相手の展開を途中で止められればいい結果が期待できそうです。対象に取るモンスターの攻撃力を《雷源龍-サンダー・ドラゴン》で上げれば範囲は更に広がります。


罠カード

《雷の裁き》

《雷の裁き》

【 通常罠 】

①:自分フィールドに雷族モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その相手のカードを破壊する。

雷族モンスターが場に出た際に相手フィールドのカードを1枚破壊できますが、罠カードであるため発動はワンテンポ遅れます。逆に言えば相手ターンで発動できることでもあるため《百雷のサンダー・ドラゴン》等の蘇生カードと組み合わせて不意を突く効果破壊が可能です。このカードもあちらも通常罠であるため、両方を採用した上で《トラップトリック》を利用しても良いでしょう。


《雷龍放電》

《雷龍放電》

【 永続罠 】

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分の雷族モンスターの効果の発動は無効化されない。
②:1ターンに1度、自分フィールドに「サンダー・ドラゴン」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。デッキから雷族モンスター1体を除外し、対象のカードを破壊する。

雷族モンスターへの手札誘発をほとんど完封できるだけでも一考の価値はありますが、《雷源龍-サンダー・ドラゴン》等の汎用性の高い「サンダー・ドラゴン」モンスターをデッキに積んでいる場合は②の効果によるバック除去も期待できます。このカード自体は展開には貢献しないため、他のカードのパワーが高い時に添える感覚で採用するとよいでしょう。


《百雷のサンダー・ドラゴン》

《百雷のサンダー・ドラゴン》

【 通常罠 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の雷族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その後、その同名モンスターを自分の墓地から可能な限り特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。この効果で特殊召喚したモンスターがモンスターゾーンに存在する限り、自分は雷族モンスターしか特殊召喚できない。

墓地から同名カードを複数枚特殊召喚できるためリンク召喚・融合召喚をサポートできます。蘇生したカードは使用後除外されてしまいますが「サンダー・ドラゴン」モンスターならば除外された場合の活用もできるでしょう。直接攻撃が可能な「エレキ」モンスターなら展開後にそのまま攻め込めます。


まとめ:予想外からの使者

冒頭でも触れたように雷族モンスターを使うデッキは個性が強いものばかりとなっています。カテゴリに属するカード以外にもサーチを封じる《ライオウ》、墓地から特殊召喚した際に相手のモンスターを全破壊する《大狼雷鳴》、そのターン攻撃した回数だけしか特殊召喚できなくする《放電ムスタンガン》など我の強いカードが揃っており、そういったカードを目当てに雷族デッキを組む機会もあることでしょう。

使う人にとっては庭のようでしょうが種族としてはマイナーであるため、遊戯王をプレイしている人でも「サンダー・ドラゴン」カード以外の知名度は怪しい節があります。そう言う人たちにとって雷族は未知の領域であり、何が飛んでくるか分からない不思議な世界です。気になった方は是非とも一度手に取ってみてくださいね。


遊戯王ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

デッキ構築&プレイングサポート
【全20種】サイキック族デッキのお役立ちサポートカード紹介

はじめに:ちょっと不思議な能力者たち 遊戯王において、サイキック族は比較的新しい種族で……というのは …

デッキ紹介
烏合無象のパルチザン「鉄獣戦線」 デッキ紹介

はじめに 多くの種族を跨いだカテゴリは昔からよくありますが、その中でも「獣族」「獣戦士族」「鳥獣族」 …

デッキ紹介
アヤしい九竜の都へようこそ「電脳堺」デッキ紹介

はじめに 《電脳堺姫-娘々》 【 効果モンスター 】星 3 / 風 / サイキック族 / 攻1500 …