【全17種】鳥獣族デッキのお役立ちサポートカード紹介

デッキ構築&プレイングサポート

はじめに:目を離したらすぐ群れる

鳥獣族デッキは【ハーピィ】【RR】のようにカテゴリ単位で完結しているものが多く、その枠を跨いだ「種族デッキ」が組まれることは、他の種族と比べたらあまり見られない印象があります。「鳥獣族」を指定してサポートするカードが充実してきたのはごく最近だと記憶しており、特に「シムルグ」「LL」の登場に伴って戦術の幅も広くなったと感じています。

今回紹介するのは、今まさに花開いたばかりと言っても過言でない、鳥獣族デッキをサポートするカードたちです。長年活躍する古株から期待の新人まで、どうぞご覧になっていってください。


サポートカード紹介

《雛神鳥シムルグ》

《雛神鳥シムルグ》

【 効果モンスター 】
星 1 / 風 / 鳥獣族 / 攻0 / 守1600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「シムルグ」モンスター1体を召喚できる。
②:このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。

鳥獣族モンスターは大きく分けて「レベル1」か「レベル4」、「風属性」か「闇属性」かで使うデッキが分かれます。このカードが属する「シムルグ」は「風属性」を主体としたモンスターたちで、関連カードも「風属性・鳥獣族」をサポートするものになっています。

また、このカードはレベル1のため、ランク1のエクシーズ召喚を扱う「LL」にアクセントとして入れることもできます。②の効果で蘇生したこのカードはフィールドを離れた時に除外されてしまいますが、エクシーズ素材にすることで除外を回避し、また②の効果で墓地から蘇生できるようになります。


《烈風の結界像》

《烈風の結界像》

【 効果モンスター 】
星 4 / 風 / 鳥獣族 / 攻1000 / 守1000

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、風属性モンスター以外の特殊召喚はできない。

最近では、後述のリンクモンスター《王神鳥シムルグ》から出てくるのを見る機会も多いでしょう。属性で縛る「結界像」シリーズの中でも屈指の使いやすさをしており、ちょっと油断するとすぐに出てきます。速攻魔法《スワローズ・ネスト》で相手ターンにデッキから特殊召喚することもできます。


《烈風帝ライザー》

《烈風帝ライザー》

【 効果モンスター 】
星 8 / 風 / 鳥獣族 / 攻2800 / 守1000

このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動する。そのカードを好きな順番で持ち主のデッキの一番上に戻す。このカードが風属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●フィールドのカード1枚を対象として持ち主の手札に戻す事ができる。

このカードをアドバンス召喚するやり方はいくつもありますが、その中にフィールド魔法《神鳥の霊峰エルブルズ》でコストを軽減する方法があります。あちらと併用することで、召喚権の消費を抑えながら1体のみのリリースでアドバンス召喚し、強力なデッキバウンス効果を使えます。


《ダークネス・シムルグ》

《ダークネス・シムルグ》

【 効果モンスター 】
星 8 / 闇 / 鳥獣族 / 攻2900 / 守2000

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、自分が闇属性または風属性のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「風」としても扱う。
③:魔法・罠カードの効果が発動した時、自分フィールドの鳥獣族・風属性モンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。

鳥獣族の大型モンスターで《霧の谷の巨神鳥》という制圧効果を持ったモンスターがいますが、あちらと比較した場合、墓地からも反応して特殊召喚できる点・闇属性でもある点・攻撃力が200高い2900である点が差別点となります。逆にあちらはモンスター効果も無効にできます。リンクモンスター《王神鳥シムルグ》でどちらも出せるため、両者併用のデッキを組んでもいいでしょう。


《烈風の覇者シムルグ》

《烈風の覇者シムルグ》

【 効果モンスター 】
星 8 / 風 / 鳥獣族 / 攻2900 / 守2000

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:アドバンス召喚したこのカードは相手の魔法・罠カードの効果の対象にならない。
②:魔法・罠カードの効果が発動した時、自分フィールドの鳥獣族・風属性モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。
③:このカードが墓地に存在し、自分の鳥獣族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。このカードを手札に加える。

一度場に出せれば②の効果で相手フィールドのカードをデッキバウンスさせられます。お互いの発動に反応するため、自分ターンに出してもすぐに使えるのも嬉しいところです。レベル8であるため《烈風帝ライザー》《ダークネス・シムルグ》と一緒に《トレード・イン》で墓地へ送れますし、両シムルグに至っては墓地効果もあって無駄がありません。


《王神鳥シムルグ》

《王神鳥シムルグ》

【 リンクモンスター 】
星 3 / 風 / 鳥獣族 / 攻2400 /

鳥獣族モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。このカードはリンク素材にできない。
①:このカード及びこのカードのリンク先の鳥獣族モンスターは相手の効果の対象にならない。
②:このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに自分フィールドの「シムルグ」カード1枚を破壊できる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。使用していない自分・相手の魔法&罠ゾーンの数以下のレベルを持つ、鳥獣族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。

【LINK-3:左下/下/右下】

①の効果でリンク先の鳥獣族モンスターを効果から守れるのも強いですが、何と言ってもこのカードの強みは③の効果でしょう。相手がよほど魔法・罠カードを伏せてこない限りはレベル8の鳥獣族モンスターの特殊召喚も狙え、仮に何かしら伏せてあったり永続魔法・罠カードが発動していたとしても、鳥獣族モンスターが持つバウンス・バック除去効果でなんとかできます。


《LL-リサイト・スターリング》

《LL-リサイト・スターリング》

【 エクシーズモンスター 】
星 1 / 風 / 鳥獣族 / 攻0 / 守0

レベル1モンスター×2体以上
①:このカードがX召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×300アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
③:X召喚したこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは相手も受ける。

②の効果で「鳥獣族・レベル1」モンスターを何でも手札に加えられるため、【LL】をはじめとした、レベル1の鳥獣族を使うデッキでは活躍が期待できます。エクシーズ素材の条件も特に指定がなく、鳥獣族以外のレベル1モンスター2体でも出せるのは嬉しいですね。
実は③の効果も強力です……迂闊な守備表示モンスターを叩かれてゲームエンド、なんてことも……


《零鳥獣シルフィーネ》

《零鳥獣シルフィーネ》

【 エクシーズモンスター 】
星 4 / 水 / 鳥獣族 / 攻2000 / 守2200

鳥獣族レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手フィールド上に表側表示で存在する全てのカードの効果を無効にし、このカードの攻撃力はこのカード以外のフィールド上に表側表示で存在するカードの数×300ポイントアップする。このカードの効果は次の自分のスタンバイフェイズ時まで適用される。

鳥獣族モンスターを使う理由の一つになりうるのがこちらのモンスター。とりあえず全部無効、と雑に蓋をしてから展開することで、例え捲りきれなくとも、次のターン相手は既存のモンスターの効果を使った戦術がほとんど取れなくなります。


《RR-アーセナル・ファルコン》

《RR-アーセナル・ファルコン》

【 エクシーズモンスター 】
星 7 / 闇 / 鳥獣族 / 攻2500 / 守2000

レベル7モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから鳥獣族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
②:「RR」モンスターをX素材として持っているこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。
③:「RR」モンスターをX素材として持っているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。エクストラデッキから「RR-アーセナル・ファルコン」以外の「RR」Xモンスター1体を特殊召喚し、墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

もしデッキのモンスターで「闇属性・鳥獣族」が多いなら、ランク4エクシーズモンスター《レイダーズ・ナイト》からこのカードを出す手段があります。また、闇属性でなくとも、ランク7のエクシーズ召喚を行える【ハーピィ】などで、レベル7モンスター《嵐征竜-テンペスト》を使ってもいいでしょう。


《翼の恩返し》

《翼の恩返し》

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのモンスターが、鳥獣族モンスターのみで、元々のカード名が異なるモンスター2体以上の場合、600LPを払って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

発動条件も緩く、ライフポイントを払った後は特にデメリットもない、鳥獣族デッキならとても簡単に2枚ドローできるカードです。機械族サポートの《アイアンドロー》と比べてもこちらは展開の制約がなく、本当にほぼ無料で2枚ドローできるカードになっています。ここまで使い得なカードもありません。


《スワローズ・ネスト》

《スワローズ・ネスト》

【 速攻魔法 】

①:自分フィールドの表側表示の鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと同じレベルの鳥獣族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

同じレベルの鳥獣族モンスターをデッキから特殊召喚します。速攻魔法のためサクリファイス・エスケープとして使えるほか、一部の有用なモンスターと入れ替えて展開を伸ばしていく目的でも使えるでしょう。《ダークネス・シムルグ》のような自己蘇生効果を持つモンスターと組み合わせると、コストを軽減しながら最上級モンスターを並べられます。


《神鳥の霊峰エルブルズ》

《神鳥の霊峰エルブルズ》

【 フィールド魔法 】

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの鳥獣族・風属性モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:手札のレベル5以上の鳥獣族・風属性モンスターを相手に見せて発動できる。このターン、自分は鳥獣族モンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくできる。
③:自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。鳥獣族モンスター1体を召喚する。

もうちょっと打点のほしい鳥獣族モンスターの攻撃力を上げながら、②の効果でアドバンス召喚のリリースを軽減できる……だけでもまぁまぁありがたいのですが、なんと③の効果で追加の召喚を行えてしまいます。アドバンス召喚をトリガーとして効果発動する《烈風帝ライザー》《烈風の覇者シムルグ》や、《ダークネス・シムルグ》の墓地効果と非常に相性のいい1枚です。

アドバンス召喚のコストとしては《風帝家臣ガルーム》《ふわんだりぃず・いぐるん》が候補に挙がります。ガルームをリリースした時の効果でいぐるんを手札に加えられます。


《LL-バード・サンクチュアリ》

《LL-バード・サンクチュアリ》

【 永続魔法 】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの鳥獣族Xモンスター2体を対象として発動できる。対象のモンスターの内1体を、もう1体のモンスターの下に重ねてX素材とする(X素材を持っているモンスターを重ねる場合はそのX素材も全て重ねる)。
②:X素材を3つ以上持っているXモンスターが自分フィールドに存在する場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

エクシーズ召喚を扱うデッキ、特に【LL】【RR】で輝くカードですが、効果自体は汎用的なものになっています。②の効果によるドローは毎ターン維持できれば馬鹿にならないアドバンテージになるため、素材の数が増えやすいデッキでは十分に採用できます。


《ゴッドバードアタック》

《ゴッドバードアタック》

【 通常罠 】

①:自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

昔から活躍する【鳥獣族】を代表するサポートカードの1枚です。最近は罠カードであることが遅い風潮もありますが、それでも盤面2枚除去は強力です。素材のなくなったエクシーズモンスター、蘇生の容易なモンスターをコストに使うことで無駄なくカードを使いこなせます。


《ハーピィの羽根吹雪》

《ハーピィの羽根吹雪》

【 通常罠 】

自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「ハーピィの羽根帚」1枚を選んで手札に加える。

①の効果は一度発動するとそのターン中適用されるため、自分ターンに使われる手札誘発、相手ターンのモンスター効果による展開を全部止めることができます。その緩い発動条件も十分脅威ですが、このカード一番の強みは②の効果でしょう。相手が魔法・罠カードを場に維持して戦うデッキの場合、一度このカードの姿を見せることでバック除去を躊躇わせることができます。


《神鳥の烈戦》

《神鳥の烈戦》

【 永続罠 】

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの鳥獣族モンスターの内、攻撃力が一番高い鳥獣族モンスター以外の鳥獣族モンスターは、攻撃対象にならず、相手の効果の対象にもならない。
②:自分フィールドの、元々のレベルが7以上で元々の属性が異なる「シムルグ」モンスター2体とこのカードを墓地へ送って発動できる。フィールドのカードを全て持ち主の手札に戻し、自分は手札に戻した数×500のダメージを受ける。その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。

②の効果はロマン砲のようなものですが、①の効果は様々なデッキで活躍が期待できます。特に《RR-アルティメット・ファルコン》のような完全耐性を持ったカードと相性がいいですね。


《ふわんだりぃずと夢の町》

《ふわんだりぃずと夢の町》

【 通常罠 】

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
②:このカードが墓地に存在する状態で、自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、このカードを除外して発動できる。相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

下級モンスターに限りますが、お互いのターンで1度召喚を行えます。モンスター効果で連続して召喚していく本家【ふわんだりぃず】ではもちろん強力な1枚ですが、召喚権を増やしつつアドバンス召喚を行う【シムルグ】でも若干枚数の採用が見込めます。相手ターンで《風帝家臣ガルーム》を召喚、自分ターンに何らかの効果でコスト軽減した《烈風帝ライザー》をアドバンス召喚しながら、墓地の「夢の町」②効果を使う……なんてこともできるでしょう。


おわりに:たまに頭のネジ飛んだテーマが出る

鳥獣族デッキは、昔から遊戯王をやっている人であれば【BF】が環境を席巻した記憶もあるかと思います。その後も展開力に秀でた【RR】が登場したり、新規カードで【ハーピィ】が力をつけたり……しているうちに【ふわんだりぃず】というとんでもない黒船もやってきました。他の種族と比べると決して新規カードの枚数は多くないのですが、それでもたまにヤバいカードが出てくるのが鳥獣族の特色と言えるのかもしれません。

管理人の好きな鳥獣族テーマは「ブリザード」です……え、テーマじゃないだろって? 知らない人は是非「水属性・鳥獣族」とかで調べてみてください。それじゃあまた別の記事で会いましょう、ではでは!


遊戯王ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日記
待望の魚族リンクモンスター《アビス・オーパー》の性能を紹介!

魚族サポートのリンクが遂に! 全国の水属性ファンの皆さん、お久しぶりです、しろがねです。色々忙しい生 …

日記
【2022/07/25】なんか色々来てた!【しろがね管理人日記】

更新が止まっちまってすまねぇ お久しぶりです、皆さん。しろがねです。覚えておりますでしょうか?裏で色 …

日記
【2022/06/03】遊戯王サイコロモンスターズ【しろがね管理人日記】

6月になってました みんな、遊戯王は楽しんでるかな? 私は最近潰れかけてるぜ! ンまあ、実生活がいろ …